« 2006年12月 | メイン | 2007年02月 »

2007年01月30日
 ■ 壁の遊び人 久住 章 氏  ご来店

1月27日(土) 久住 章 氏にご来店いただきました。

今回東京には、建築家の 隈 研吾 氏と打ち合わせの為にお見えになり、
その後弊社にお立ち寄り下さいました。
久住氏には5月に弊社で開催する、漆喰・土壁 技術講習会の講師を
お引き受けいただいております。
その開催に向けての段取りをご指導をいただきました。

200701271.JPG

まずは講習で使用する材料の確認です。
倉庫をご案内し、以前指定を受けて取り寄せた商品を見ていただきます。

200701272.JPG

消石灰、濡羽色油烟墨、むしろふのり、中塗り土、仕上げ土など、
一通りのチェックを受けました。
講習に使う材料だけでなく他の材料についてもアドバイスをいただき、
素材の善し悪し、商品の性質や性能など多くの情報をいただきました。

200701273.JPG

事務所では裁縫教室?が始まりました。
漆喰黒磨きや大津磨きの時に拭き取りや磨き込みに使う
小さ目の座布団のような物の作り方を教わりました。
これも講習会で使うものでかなり微妙でデリケートな部分があるんです。
指定を受け、取り寄せた高級ベルベットとスーパーミンクの生地は、
久住氏が全国に足を運んで探し求めた磨きに最適な物です。
その意味と使用法も含めてのご指導は驚きと感動の連続です!
お裁縫までカンペキなんですから、ほんまに!!

200701274.JPG

待ってました!鏝(こて)のお話です。
講習会で使う鏝についてのアドバイスです。
当日は本焼中塗鏝、磨き鏝、ノロ塗り付け鏝が必要になります。

200701275.JPG

それぞれの仕様目的や形状の意味、使いやすくする為の加工の仕方など、
久住氏の経験を元に実際に使える鏝がどの様な物かを教えていただきました。
実に凄いんです! さらに鏝の奥深さを知ってしまったのです!!

200701276.JPG

改めて久住氏の偉大さを知る日になりました。
温厚な人柄は周りの人を和ませてくれます。
しかし、何事も徹底して研究調査しそれに基づいた妥協の無い言動に、
もの凄いパワーを感じます。
そのパワーと、氏の持っている能力・感性が秀作を生むのでしょう。
そしてその高度な技術を多くの人に伝える・・・。
カリスマと言われる意味が分かった様な気がします。

巨匠を迎えての講習会を成功させる為、気合いを入れて準備します。
講習会の詳細は間もなくご案内申し上げますのでよろしくお願い致します。
皆様のご参加を心よりお待ちしております。

久住様、お忙しいにもかかわらずお越しいただき本当にありがとうございました。

投稿時間 : 07:36 個別ページ表示

2007年01月27日
 ■ 榎本新吉 吠える 「欲しがりません、建つまでは!」

榎本新吉氏をお訪ねしました。

今回は神戸市の 「五十嵐泰子空間設計室」 の一級建築士 
五十嵐泰子様が、友人の近藤寿子様と榎本氏を訪問するにあたり、
ご案内をさせていただきました。

五十嵐さんと近藤さんは東京芸術大学大学院の同級生で、
以前より榎本氏に関心を持ちこの日が来るのを心待ちにされていた様です。
そして、左官教室記者の井出様にもご参加いただきました。

2007012601.JPG

榎本節ライブは、泥団子喫茶 「パック」 で開催されました。
あれ〜、榎本さん髪の毛どうしたんですか?
出家でもしちゃったのか???
いきなり腰が抜けるほど驚いてから、ライブは始まったのです。

「何で来たの?
あーぁ ありがてーな〜。」

2007012602.JPG

床屋で間違えて刈られた頭がどうしても目に入りますが、
鏝について、「何故? 分かる? だからどうなるかな〜て言うんだよ?」
と、いつもの榎本節です。
最初は皆さん緊張気味で受け答えをしています。

榎本さんが鏝を持って合わせます。

2007012603.JPG

皆さんも同じ仕草で鏝を合わせ隙間が無く平らかを確認します。
近藤さん、小さい鏝の先の方が反っているのを確認しました。

2007012604.JPG

五十嵐さん、しっかりと見据えてピタリと合っているかをチェックします。
鏝サミットでご案内した東京金広の久保田モデルの塗り付け鏝です。
さすが決まっています。 
表情も決まってますね!

しばらく鋼やステンレスの金属話で突っ込みが入ります。
「ステンレスって何?・・・ 字引持ってこいよ!」 
辞書を引きながらその突っ込みに対応します。

塗り付ける材料や仕上げの方法によって、
鏝の金属の違いだけでなく、焼き入れの仕方で
本焼、半焼、油焼、地金など様々な物がある事を教わりました。

2007012605.JPG

さあ、ここで化学の時間から数学の時間へ・・・。

コンクリートの配合割合の計算です。
「砂利、砂、セメントはいくらいる? 言ってみな!」

2007012606.JPG

榎本さん、鏝からペンに持ち替えました。
しっかりとした字を書かれます。
お二人さん、直筆だと喜んでいました。

2007012607.JPG

でも、喜んでばかりはいられません。
正解を出さなければ。 格闘中!

2007012608.JPG

賢いご両人ほぼ正解で、満面の笑み!

2007012609.JPG

うん!? 榎本さんナイキとスポンサー契約したのかな。

2007012610.JPG

沖永良部島(おきのえらぶじま)の土で作った泥団子です。

2007012611.JPG

水を付けて一部溶かしても、爪で擦れば直ぐに光が戻ります。

2007012612.JPG

パックの店内には沢山の泥団子や鏝絵など榎本作品があります。
泥団子を手に取ると心がこもっているのが分かります。

2007012613.JPG

榎本さんの磨きの技術は常に進化しています。
来る度に新しい技が生まれていて驚きです。

2007012614.JPG

パックのママさんです。
なんと日本舞踊の名取です。
そこで榎本さんから再び問題。
「日本舞踊のどこを見る?どこが大事?」

2007012615.JPG

いろいろと考えをめぐらしていると、「ママさんに聞いてみな?」
ママに伺うと、腰の動きと足運びを見るそうです。
そして、扇子を持てばその先まで体と一体化させるそうです。

左官も同じで手先だけでなく体全体を使って塗る事が大事だと、
教えてもらいました。

2007012616.JPG

榎本さんの周りにはいつも人が集まります。
コンフォルトの清水様達もお見えになり、
さらに、盛り上がったのでした。

2007012617.JPG

そして、榎本さんのお宅へお邪魔しました。
「二階のトイレを見てみるかい」
「地下へ行くかい」

2007012618.JPG

ここで千石磨きが生まれたんですね。
榎本さんの生き様と歴史を感じる本当に魅力的な作業場です。

2007012619.JPG

ここがあの神聖な地下室です!
手塩に掛けて精製した全国の究極の土がここに眠っているんです。
左官文化の宝庫です。
コンフォルトの清水さんが説明して下さいました。

2007012620.JPG

以前も紹介しましたが、榎本さんの手は柔らかくてスベスベなんです。
土をさわっていると自然になるのだそうです。
泥パック?

2007012621.JPG

嬉しい素敵なツーショットですね♥
榎本詣でのフィナーレです。

2007012622.JPG

皆さんで記念撮影です。
シャイな榎本さん照れて下向いちゃった!

榎本さんの魅力にタップリと触れる事が出来ました。
また、ご指導をしていただける様にお願いをして榎本邸を後にしました。
ありがとうございました。

2007012623.JPG

すっかり日も暮れて風が冷たく感じる時間になりました。
本日のまとめと反省をしなければなりません。
そこで八丁堀の 「マル」 へ、ダッシュ!
仕事熱心な?皆さんは早速会議の場を持ったのでした(笑)

2007012624.JPG

メインディッシュは、京都 漆喰浅原様 の鏝で、「木鏝の気持ち」 です。
(何故、浅原さんの鏝を持ってるのかって?それは秘密です)
取れ立ての?素材の良さを生かし、あまり手を加えずいただく逸品です。

2007012625.JPG

それではいただきましょう。
いただく作法は?

2007012626.JPG

こうして・・・

2007012627.JPG

こうするのです・・・かぁ?(謎)
五十嵐さんは最高の建築士です!

2007012628.JPG

ワインも進み、そしてこうなりました♪ 爆発寸前♪♪

五十嵐さん、近藤さん、井出さん、ありがとうございました。
出会いと言うのはありがたいものです。
同行させていただき楽しい得る事の多い一日になりました。 
この出会いを大切にします。

榎本さん、ありがとうございました。
榎本さんにはいくら感謝してもしきれません。
いつも磨きのかかった特別粋な勇気と知恵をいただいています。

「欲しがりません、建つまでは!」

座右の銘にしようかな・・・。
いつか本物の「石灰と土のソムリエ」になれるよう頑張ります。

榎本親方、お体をお大事にして下さい。

投稿時間 : 10:48 個別ページ表示

2007年01月22日
 ■ 第2回 鏝(コテ)サミット 開催

1月20日(第3土曜日) 恒例の鏝(コテ)サミットを開催しました。

今回で2回目の開催に気合いを入れて準備させていただきました。

2007012081.JPG

「東京 金広」 様にお越しいただきスタンバイOKです。
店頭にも沢山の鏝を並べてもらいました。

2007012082.JPG

いつも思うのですが鏝に対する熱意と手際の良さは必見です。
今日もどんな事が起きるのか? 楽しみです。

2007012083.JPG

古川左官様です。
使い慣れた鏝の修理に来ていただきました。

2007012084.JPG

早速チェックして、反り具合やバランスを見ます。

2007012085.JPG

何度か握り直して具合を聞きながら調整します。

2007012086.JPG

柄も取り替えましょう。
型や太さなど何種類もある中から自分に合った物を探します。

2007012087.JPG

多くの良い仕事をこなした鏝ですね。 お疲れ様。
人間であればかなり足腰が疲れた状態だったと思います。
それを見事にリフレッシュ!

2007012088.JPG

反りもバランスも直って良い顔になりました。
さあ、またバリバリ塗り付けていただきましょう。

2007012089.JPG

木村左官様も来て下さいました。
良い鏝を見つけた様です。
左官屋さんが鏝を見る時のポーズです。

2007012090.JPG

東京金広 オリジナル 久保田モデル 
黒本焼塗り付け鏝 油焼塗り付け鏝 です。

見たとたん手に取ってじーっと見て 「これイイッ!」 
お買い上げいただきました。
ありがとうございました。

2007012091.JPG

このモデルは昨年10月に弊社で開催した土佐漆喰の技術講習会
の時に講師の久保田様の使っている鏝を見て作ったそうです。

2007012092.JPG

いなせな はんてん 姿のモデルはやはり木村左官様です。
わしら壁作る人 さかん と書いてあります。
このはんてんは近日発売する予定です。

2007012093.JPG

これをイベントの時とかお祝いの時など皆さんで着るのは如何でしょうか。
左官文化の香りがしますね、きっと。

鏝(コテ)サミットを開催して勉強になっている事は、
左官屋さんと鏝屋さんのやりとりを聞いて、
今までまったく知らなかった事を沢山見て聞ける事です。
そして、使い込んだ鏝の美しさ、凄さも見させていただきました。

毎月 第3土曜日の午後1〜5時 開催しております。
新品の販売と言うより修理、メンテナンスのサービスを考えています。
是非お手持ちの素晴らしい鏝をお持ち下さい。
生まれ変わること間違いなしです。


次回は2月17日(土曜日)
皆様のお越しをお待ち申し上げております。

投稿時間 : 08:58 個別ページ表示

2007年01月21日
 ■ 「須弥山」 いかわた漁師鍋 東京大好きなお店 吉祥寺 

大好きなお店 吉祥寺 「須弥山」 しゅみせん 

久し振りに冬場のみ楽しめる逸品から、
『いかわた漁師鍋』 をいただきました。

2007012001.JPG

まずは、サラダをいただきます。
ウン? 出て来た時に暖かさを感じました。
旬の野菜に熱々のじゃこ油をかけたサラダです。
じゃこの香ばしさが野菜を引き立てています。

2007012002.JPG

日々境港から届く鮮魚です。
本日お薦めのお造りは、甘鯛、ひらめ、水蛸。
そのみずみずしい美味しさに、思わず・・・お酒くださ〜い(叫)

2007012003.JPG

山形の銘酒、「東北泉」です。
スッキリとした喉ごしの良さと柔らかさは、お燗にぴったりのお酒です。
須弥山では日本酒のソムリエ、米納さんが好みや料理に合わせて
お酒を選んでくれます。 それがドンピシャ!
その知識は全国の酒蔵に足を運び得た情報で、
作り手の事や環境など実に詳しく凄いんです。
聞き入ってしまいますよ、そのお話に。

(こだわりの表れ?アルコールはビールと日本酒のみです)

2007012004.JPG

イワシの骨入り団子ポンズ。
イワシの旨みと骨の歯触りが何とも言えない手の込んだ団子です。

2007012005.JPG

サワラの西京焼きです。
この色艶を見て下さい。
手を付けるのが勿体ないような綺麗な焼き上がりです。
勿論お酒に合うことこの上ありません。

2007012006.JPG

京都 海老芋、くわい、堀川牛蒡の炊き合わせ。
やはり、鮮やかな彩りで目と舌を楽しませてくれました。
お味の方も、甘過ぎず辛過ぎず技ありの味付けです。
京野菜は大好きです。

2007012007.JPG

北海道 白子 素朴に粗塩焼きです。
遠火で焼くのでしょうか、表面は香ばしく焼かれ・・・

2007012008.JPG

中は、トロリっとした口に入れると海の香りが一杯広がる逸品です。
お酒が止まりません。

2007012009.JPG

さあ、お目当ての 「いかわた漁師鍋」 です。
味噌ベースの出汁に新鮮な いかの肝 と、白菜、ネギ、豆腐のみの
シンプルな具です。火に掛けたら煮立つまでじっと待ちます。
我慢我慢!

2007012010.JPG

新鮮な いか とニラです。

待つ時間が非常に長く感じるのは私だけ?

2007012011.JPG

ぼちぼちかな♪
いかの肝が溶けて良い感じになりました。
いただきま〜す。

2007012012.JPG

しゃぶしゃぶ・・・いやもう少し、じゃぶじゃぶ位かな?
煮過ぎないようにいただきます。 うっ旨い!
いかわたの出汁にからめてその美味しさを楽しみます。

2007012013.JPG

そして次なるお楽しみは。
この旨みの凝縮された残りの出汁で雑炊を作っていただきます。

2007012014.JPG

心を込めて作ってくれた雑炊は最高です。
さらに、京都 原了郭の香りの良い黒七味を振りかけると、
これでまた一杯飲めてしまうのです!

2007012015.JPG

熱々をじっくりと味わえば、初めて食べた時の感激を思い出します。

2007012016.JPG

いやー、美味しかった♥
デザートに黒糖シャーベットをいただきます。
なんと、焼酎を少しかけるんです!
とても上品な甘みになります・・・またやられた〜!!

久し振りの 「須弥山」 堪能しました。
いつも満席の理由が分かりました。
すべてに心がこもったお店なんです。

ありがとうございました。


投稿時間 : 14:46 個別ページ表示

2007年01月19日
 ■ 小舞壁のお話

昨年の秋に日左連主催の職業能力開発総合大学で行われた
伝統工法講習会の中で小舞の施工を見せていただきました。

2006092351.JPG

この滅多に見られない小舞の技をご披露いただいたのは、
(株)あじま左官工芸」 の金田様です。

あじま左官工芸様は神社や文化財の左官伝統工法の施工を
最も得意とする非常に高度な技術を有する会社です。
仕上げる現場は凄い物件ばかりです!
阿島社長をはじめ若い職人さん達は日々技術の習得に貪欲で、
その技術の一部をこの講習会で見せて下さいました。

実際に竹割りと言う道具を使って真竹を割るところからの実技は、
非常に分かりやすく、普段なかなか見る事の出来ない小舞の世界を
じっくりと見学する事が出来ました。

それでは金田さんの技をご覧いただきましょう。

2006092352.JPG

竹割りは真竹の頭に刃を合わせ真下に向かって打ち下ろして行きます。

2006092353.JPG

すると・・・

2006092354.JPG

これ面白い様に均等に割れます♪

2006092355.JPG

割った竹の面を削ります。

2006092356.JPG

割れ竹を編んでいきます。この作業を小舞掻き(こまいかき)と言います。
枠組みの内側に穴をあけ、まずは縦方向から割れ竹を取り付けて行きます。
縦が終わったら写真の様に横方向に掛かります。

2006092357.JPG

中央の間渡し(縦の板)と貫(横の板)にビスで固定します。

2006092358.JPG

そして、縦の小舞竹と横の小舞竹をワラ縄で結って行きます。

2006092359.JPG

実際の小舞仕様の建物で小舞掻きが完成すると、それだけでもアート!
芸術作品!で、荒壁土を塗り付けるのがもったいないと思ってしまう程
素晴らしい建造物になります。

チャンスがあれば見る価値多いに有りです。

2006092360.JPG

次に、荒壁土作りを実演していただきました。
土に入れるワラです。

2006092361.JPG

昔、子供の頃見た事のある切断機ですね。
約10僂曚匹離汽ぅ困農擇辰討います。

2006092362.JPG

切り手は中野の諸岡左官様です。
切れ味も良く楽しそうですね。

2006092363.JPG

切断したワラをワラスサとして荒壁用の土に練り込んで行きます。

2006092364.JPG

練り込んだ土を水分を保ったまま2ヶ月から半年ほど
寝かせワラを自然に発酵分解させます。
熟成ってやつですね。
それによって粘りのある良い壁土になるのです。
さらに塗り付ける前にもワラを足して練り込みます。

2006092365.JPG

さあ塗り付けです。

2006092366.JPG

まず、小舞竹が横方向の面からぬります。
縦方向から塗ると土が小舞竹に引っかからず落ちてしまうからです。

2006092367.JPG

たっぷりと荒壁土を塗り付け、しっかり裏に押し出します。

2006092368.JPG

裏から見ると土が良く出ています。
この状態で塗り終わると完全に乾くまで置いて、
その後裏面を塗り付けます。

この様に手間と時間を掛けるから良い壁になるのですね。

大変勉強になりました。
滅多に見ることの無い施工を見せていただき感謝です。
有害物質を含む建材を多用して来た過去から、
自然素材の塗り壁が見直されて来た今、何を見て行くべきか
大事なことを教えて頂きました。
伝統工法が基本であることを、もっと勉強します。

ありがとうございました。


投稿時間 : 12:56 個別ページ表示

2007年01月16日
 ■ 高知土佐 軍鶏鍋 料亭 「久保田」 !?

土佐漆喰の本場高知の美味処、料亭 「久保田」 をご紹介します。

こだわりの調理人の名は、久保田騎志夫・・・。
その料理とは、絶品 軍鶏鍋!

200602261.JPG

ご覧下さいこの鍋っ!
50〜60僂呂△蹐Δと思われる作りもがっちりとした特注鉄鍋です。
大きいガスコンロにドカッと腰をおろした姿は凄い貫禄です。

そして具材は、土佐の地でなるべく自然に近い状態で育てた軍鶏です。
身の締まったしっかりとした肉質は、その味と言い食感と言い鍋には
持って来いの逸品です。

それをビックな鉄鍋で煮込むことまる一日!
醤油ダシに肉や骨から出る旨みがギューッと濃縮されています。

軍鶏の肉がこんなに美味しかったなんて知らなかったです(嬉泣)
付け合わせの野菜?ニンニクの葉や茎の柔らかい部分が最高(大泣)

200602262.JPG

本日のお客様です。
左側手前から奥へ、高橋様、湯田様
右側手前から奥へ、薩田様、加藤様、勝又様、小林様

200602263.JPG

左側手前から奥へ、河西様、小沼様、多田様、豊永様、小松様
右側 白石様 です。

200602264.JPG

軍鶏鍋と銘酒 「土佐鶴」 を前にして三氏のこの笑顔・・・。
今までに見たことの無い(特に薩田様)満面の笑が美味しさの予感を
物語っています。

200602265.JPG

乾杯のかけ声のあと、早速に軍鶏にかぶりつきます。
美味しいっ! 旨い!! ボーノ!!!

そこへ、田中社長様、岡田様、濱田様、河内様が皿鉢料理を
引っさげてのご登場。やんややんやの大宴会になりました。

皆さんお気づきでしょうか。このメンバーは業界関係者ばかり?
実はこの料亭??・・・弊社の「漆喰・土壁 技術講習会」でご指導いただいた、
土佐漆喰の現代の名工、久保田騎志夫様のご自宅だったのです。
そして、久保田様がご自身で腕を振るって下さった料理なんです。
漆喰アドバイザー濱田様のお祝いの会の翌日にお招きをいただき、
業界では有名な手作り軍鶏鍋をご馳走になった訳です。
いつかゴチになれたらと夢見ていた軍鶏鍋です!

勝手に料亭 「久保田」 などと申し上げてすみません。

200602266.JPG

久保田邸の前で全員集合。

見事な土佐漆喰のご自宅でご馳走になった軍鶏鍋は、
銘酒土佐鶴との最高の組み合わせによって完成される
感激の男の鍋料理です。
忘れられない究極の逸品でした。

久保田様、奥様、本当にご馳走さまでした。
高知土佐が大好きです。 ありがとうございました。

追伸:もう一度ご馳走になれば・・・
    もっとその美味しさが分かるかもしれませんね(核爆)

投稿時間 : 09:25 個別ページ表示

2007年01月14日
 ■ 青松寺 座禅堂 磨き床

港区愛宕にある 萬年山 「青松寺」 の静寂な座禅堂にご案内します。

以前もご紹介しましたが、この坐禅堂の床は左官の磨きの技を施した
朱色の磨き床です。
施工は榎本新吉氏、小沼充氏他多くの名工の手によって行われました。

2002年の施工時の様子と昨年見せて頂いた時を比べて見ましょう。

2007011401.JPG

都心の芝エリアに位置する青松寺は敷地内にそびえ建つ2棟の高層ビルを両脇に
まるで門のようにして構える歴史あるお寺です。
写真下部に山門が見えます。

2007011402.JPG

重厚感のある山門です。

下層には四天王像、上層には十六羅漢が納められています。
その壁面は青漆喰の磨き仕上げです。

2007011403.JPG

山門をくぐり、本堂に向かって左側のこの建物が坐禅堂です。
修行僧をはじめ寺を訪れる方々の学びの場になっている道場で、
中央に納められた聖僧様を囲んで周囲に単(坐禅の席)を設け、
坐禅を中心に食事から瞳眠までの一切の生活が行持されます。

外壁は黒漆喰仕上げです。

2007011404JPG

約4年前、2002年10月26日 仕上げ最終段階の時に見学させて頂きました。

2007011405.JPG

施工の基本的技法は漆喰の磨きです。

2007011406.JPG

膝当てをしてしゃがみ込んでひたすら何日も磨き続けます。
見ているとそれはそれは気が遠くなるような作業でした。

2007011407.JPG

左の椅子が磨き床に写っています。

2007011408.JPG

室内だけでなく周りを巡る廊下まで、初めて知る見事な輝きに興奮して
見入ってしまい暫く動けなかった事を覚えています。

2007011409.JPG

いくら手を入れても切りの無い作業で、少しのムラも見逃さないよう
真剣にチェックします。

2007011410.JPG

そして4年後、聖僧様を中央に頂く座禅堂の磨き床は・・・。
言葉では表現出来ない、深みのある見事な輝きに進化していました。
僧侶の皆様の日々のお手入れと、素足か足袋のみの使用で
石灰の持つ特性と相まって磨き込まれていたのです。

2007011411.JPG

この様な輝きになる事を想定しての技法と聞いてビックリ!

2007011412.JPG

磨き込まれ馴染んだ魅力的な輝きを放つ様子を、
写真でお分かり頂けますか?

2007011413.JPG

人の手で出来る事、作る物に限界は無い様な気がして来ました。
そして、手を加えれば加えるほど素晴らしい物が生まれ、
その生まれた物が進化する事も教わりました。
施工された名工左官さんの心が写っている床なんです。

座禅堂の透き通った空気が心を晴れやかにしてくれました。
幸せを感じる日になりました。
合掌

投稿時間 : 10:46 個別ページ表示

2007年01月09日
 ■ 「久住 章」 新春 ビックニュース! 

今年最初のビックなお知らせ・・・夢のような話です。

弊社が開催する、第2回 土壁・漆喰 技術講習会(5月予定)の講師に、
皆様ご存じカリスマ左官 「久住 章」 氏が来て下さる事になりました!

久住章氏の鏝さばきを、初めて見たときの感激は忘れられません。
皆様にもその感激を!!

2007010801.JPG

氏は、現在日本でもっとも有名な左官です。
1948年生まれで18才で左官の道へ入りました。
そして、各地多くの親方の下で修行を積み、
さまざまな技術の習得に励みました。
28才で独立し、建築家と組むことでこれまでに培った
数々の技術が開花することになります。
また、ドイツのアーヘン工科大学の講師となり、
世界各地を訪れ土壁の世界を見て歩きます。
そうした経験から生まれた技術と独特の新しい
感性で多くの建築を手掛けて、
近年 「カリスマ左官」 と呼ばれています。

2007010802.JPG

その技は見る人の心を虜にします。

1984年 兵庫県技能顕功賞受賞
1995年 第15回吉岡賞受賞
1999年 日本建築学会文化賞受賞

著書  「壁の遊び人 左官・久住章の仕事」  世織書房

その人柄は質素で朴訥。
しかし、知れば知るほど奥の深い、凄いっ!と感じる
万年青年・・・いや、技を伝授する偉人です。

講習会の詳細は、決定次第ご案内致します。
まずはお知らせまで。 皆様お楽しみに!

投稿時間 : 14:20 個別ページ表示

2007年01月08日
 ■ 2007 謹賀新年

新年あけましておめでとうございます。

本年もよろしくお願い致します。

200701081.JPG

200701082.JPG

長いお休みを頂きました。
飲み過ぎ・食べ過ぎの楽しいお正月になりました。
皆様はいかがお過ごしでしたか?

本年も本物の「石灰と土のソムリエ」に近づけるよう頑張ります!

投稿時間 : 12:15 個別ページ表示