« 2007年04月 | メイン | 2007年06月 »

2007年05月28日
 ■ 久住 章の技 第2回 漆喰・土壁 講習会 「江戸黒漆喰磨き」

5月27日(日) 「漆喰・土壁 技術講習会」 を開催致しました。
テーマは 「江戸黒漆喰磨き」 
久住章氏をお招きしての講習会は実技受講者60名、見学者150名、
合計210名の皆様にご参加頂き無事開催することが出来ました。

2007052731.JPG

まずは前日の準備の様子です。
朝から平成会の皆様と会場の設営を開始し、
午後からは久住氏にご登場頂き、材料のチェックをお願いしました。

2007052732.JPG

砂漆喰と中漆喰はスサの量を追加して微調整しました。

2007052733.JPG

仕上げの段階を緊張しながら見守ります。
黒ノロは合格です。(良かった!!!)
一通りの行程を確認してのテスト施工は成功のようです。
夜も遅くなり会場の設営もどうにか収まりました。
明日が楽しみです。

2007052734.JPG

さあ、いよいよ当日です。
長年の夢だったカリスマ左官、久住章氏の技術講習会の始まりです。
私の行いが良かったのでしょうか?天候にも恵まれ爽やかな朝を迎えました。
早くから参加者の皆さんがお見えになっています。

2007052735.JPG

2007052736.JPG

2007052737.JPG

講習会の始まりです。
多くのご参加を頂きここは本当に建材店?と思うほど人で埋まりました。
近所の人は何が始まったのかビックリして見に来ていました。

2007052739.JPG

まず最初に本日のテーマ 「江戸黒 黒漆喰磨き」 の施工行程と、
材料の説明が行なわれました。

2007052738.JPG

久住氏の解説と動きを真剣に受講する参加者の皆さんです。
開始早々から皆さんの熱気を感じます!

2007052740.JPG

榎本新吉氏も来て下さいました。
西の久住、東の榎本、両巨匠の顔合わせです。

2007052741.JPG

一通りの説明が終わり直ぐに実技に入ります。
久住氏と同時進行でその都度アドバイスを受けるシステムです。
砂漆喰→中漆喰→黒ノロ塗り付けと進んで行くうちに、
会場はそれはそれは凄い熱気で埋まったのでした。

2007052742.JPG

磨きは水引きのタイミングが命。
個々に的確なアドバイスをする久住氏です。
時には手を取り足を取り!!
瞬時に磨きが変わった・・・オオッ。
その魅力と凄さに皆さん大きな感動を受けているようです。

2007052743.JPG

上手く行くかはこの辺のタイミングが大事です。
「心を込めて磨くんや〜」と久住氏のエールが飛びます。
フレスコ画の大野彩先生、村尾佳州子先生も頑張ってます。

2007052745.JPG

挟土秀平氏が今回もお忙しいなか来て下さいました。
鏝を取ればその技に周りの目線は釘付けです。
秀平オーラが出ています!

2007052746.JPG

そろそろ仕上がってきました。
お見事!湯河原の長田左官様。

2007052747.JPG

千石の鈴木左官様も素晴らしい出来映えです。
写るんです!

2007052748.JPG

またまたご対面。
榎本氏と挟土氏のツーショットです。
この場がコミニケーションの場としてもお役にたっていると思うと、
嬉しい限りです。

2007052750.JPG

販売コーナーでは、書籍類、色土、ノロ、砥の粉等の
お薦め商品が並びました。
特に書籍に関しては情報満載の即役立つものを選んでの
紹介で多くの方にご利用いただきました。

2007052751.JPG

鏝のコーナーです。
こちらは三木市から来て頂いた鏝鍛冶、五百蔵製作所様の展示です。
徹底した職人技で左官の要求に応える鏝作りの巨匠で、
久住氏の鏝を多く手掛けています。

2007052752.JPG

毎月第3土曜日に弊社の鏝サミットでお世話になっている、
東京金広様です。
その場で使いやすく手直しや柄の付け替えなど即対応の、
左官の味方、三度の飯より鏝が好きな大将です。
榎本氏、挟土氏が納得の鏝を作る名士です。

2007052753.JPG

講習会も終盤、久住氏の総評が行われ、
質疑応答も次々と活発に出て最後まで盛り上がりました。
「今日が上手く出来ても次はどうか分からない。
もっと良い壁を塗れるように練習して下さい」
と締めくくり、参加者の熱心さを称え左官と磨きの魅力を語ってくれました。

2007052754.JPG

一枚一枚の作品を拝見し嬉しくなりました。
どれを見ても一生懸命さが伝わってきて・・・良かったな〜と。

本当に多くの皆様にご参加を頂きありがとうございました。
この講習会が少しでも皆様のお役に立てれば幸いです。

平成会とボランティアの皆様には4月の初めから準備の為、
何回も日曜日を潰して頂きありがとうございました。
無事開催出来たのも皆様のお陰です。

そしてお忙しいにもかかわらず快く講師をお引き受け下さいました 
久住章様に感謝申し上げます。
心に残る講習をありがとうございました。
優し〜い表情と語りの中に見え隠れする技術に裏付けされた
厳しく強い久住さんの魅力を再認識しました。

今回の感動を忘れずに今後も頑張って行きます。

そしてご参加の皆様の熱心さに心を打たれました。
その様子を拝見して一番楽しんでいたのは私だと思います。
建材屋冥利に尽きます♪

ありがとうございました。

投稿時間 : 17:22 個別ページ表示

2007年05月25日
 ■ 新刊案内 出ました!「世間遺産放浪記」

楽しみにしていた 「世間遺産放浪記」 が出版されました。
世界遺産ではなく世間遺産なのです!

200705251.JPG

沸騰する遺産ブームに藤田洋三氏のびっくり水!
痛快無比の247葉!!
「実用の美」 の風景です。

200705252.JPG

タマネギ小屋の1ページです。
写真の美しさと巧みなスパイスの効いたコメントに、
楽しくなること間違い無し!
世間を見る目が変わります。

「世間遺産放浪記」
著 者   藤田 洋三
発行所   石風社
価格    2300円+税

皆さんも魅惑の藤田ワールドを楽しんでみませんか?

27日の弊社講習会においても書籍販売を行います。
是非手に取ってご覧下さい。

投稿時間 : 10:51 個別ページ表示

2007年05月23日
 ■ 「材料の出来映えは?」 講習会準備報告

5月20日(日) 今週末に迫った講習会の最後の準備が、
平成会の皆様にご協力を頂いて行われました。
ボランティアの皆さんを含め、準備の為日曜日を4回もつぶして
頂き感謝です。

今日は砂漆喰と中漆喰の材料の仕込みです。

2007052001.JPG

本日の段取りと講習会前日の設営、当日の行程など
綿密な打ち合わせをして頂きました。

2007052002.JPG

本日最初の作業は富士スサのナタ切りです。
短めにカットして長さを揃え必要の無い粉状の物や、
その他不純物を取り除きます。

2007052003.JPG

皆さんでひたすらナタを振り下ろす姿は異様な光景でした。
ジェイソンの世界?(怖)

2007052004.JPG

久住氏指定の大杉土です。
兵庫県氷上郡山南町の土で、このエリアは良い土が採れるんです。

2007052005.JPG

大杉土を30メッシュのフルイで通します。

2007052006.JPG

そして消石灰も30メッシュで真っ白になってフルイます。

2007052007.JPG

大曽根海藻工業の粉つのまた金印です。
天然角叉100%の良質な糊です。

2007052008.JPG

中漆喰の空合わせです。
大杉土・消石灰・粉つのまたを混ぜ合わせます。

2007052009.JPG

次に規定量の水を数回に分けて混入し丁寧に撹拌し、
程良い具合に練り込みます。

2007052010.JPG

そこへ、ナタ切りした富士スサをほぐしながら入れ
更にミキサーで練り込みます。

2007052012.JPG
2007052011.JPG

塩梅を見ます。
なかなかの出来映えのようです。

2007052014.JPG

では、本番前の予行練習・・・。
砂漆喰・中漆喰を中塗り鏝でしっか塗り付け押さえ込みます。
水分を充分取ってタイミングを見計らって黒ノロを塗り付けます。

2007052015.JPG

その後磨き鏝で磨きをかけます。
何度も何度も繰り返し押さえ磨き込みます。

2007052016.JPG

どうですか?
磨きの掛かった面に写る物が!

でも、まだ材料の完成まで今一つ??
講習日までに改良の余地有りでぎりぎりまで調整は続きそうです。
ご参加頂く皆様に是非とも良い体験をして頂く為に講習当日に向けて、
準備を進めております。

投稿時間 : 07:43 個別ページ表示

2007年05月19日
 ■ 黒潮社 「左官教室」 のすすめ

左官の皆様は良くご存知の、黒潮社発行の「左官教室」のご紹介です。

20070518 左官教室.JPG

コテコテ?の左官の月刊誌です。
左官の事なら情報がたっぷりで中身の濃い〜専門誌です。
こんなマニアックな本は他ではありません。
毎回、こだわりの 「特集」 をはじめ、
「提言」 「塗り壁技術資料」 「塗り壁文化リポート」
そして楽しみな 「連載」 は、芸術関係から国内外の
物語等で埋まっています。

建築関係者のみならず、多くの皆様に読んで頂きたい一冊です。 

株式会社 黒潮社 発行
「左官教室」
定価 600円(税込)
年間予約購読料 7,200円(送料込)

弊社店頭で販売しております。

投稿時間 : 10:37 個別ページ表示

2007年05月17日
 ■ 第6回 鏝(コテ)サミット 開催

5月19日(土) 第6回鏝(コテ)サミットが開催されます。

200705171.JPG

午後1時から5時まで沢山の商品と情報を揃え行います。

いよいよ来週末に控えた技術講習会に向けて、
鏝のお手入れはいかがですか?
(有)東京金広が道具を一式持ち込んでお手伝い致します。

200705172.JPG

また、当日使用する 「ノロ塗付鏝」 「本焼中塗鏝」 「磨き鏝」 等、
特別価格で販売しております。
皆様のお越しをお待ちしております。


テレビ放映のご案内です。

ぶらり途中下車の旅」 5月19日(土)  9:30〜10:30
西武池袋線の旅  アトリエ・テラ 田村和也氏  泥団子

出没!アド街ック天国」 6月2日(土) 21:00〜21:54
千石特集  榎本新吉氏  泥団子

我らの榎本氏、田村氏のご登場です。
是非ご覧下さい!   

投稿時間 : 09:27 個別ページ表示

2007年05月14日
 ■ 横浜 「株式会社 ネダテ建商」 第12回左官友の会 開催

(株)ネダテ建商様 (根建 守社長)は、
5月13日(日)午後1時より横浜市磯子区岡村の本社に於いて、
第12回ネダテ建商 左官友の会 研修会を開催されました。

200705131.JPG

ネダテ建商様と言えば、横浜の地に歴史と信用を誇る建材商社で
あると同時に、我々建材店や左官業者にとって強〜い味方です。
その機動力は関東広しと言えども一、二、を争う実力派で、
メーカーの橋渡しとして大変活躍されています。

200705132.JPG

日頃の材料に取り組む姿勢が高く評価されているようで、
今回も140名以上の熱心な参加者を得て開催されました。
こんな広い会場もあるんです。凄いっ!

200705133.JPG

講習会は3ブロックに分かれて行われました。

まずは、昭和電工建材(株)様の 
リックボード」 無機発泡系不燃断熱材 です。
外断熱の革命とも言える外壁の平面、曲面を問わず簡単に貼れ、
仕上げが出来る優れものです。
もちろん、主原料は安全な素材の炭酸カルシュウムを使い、
高い断熱性能、不燃性、耐久性を兼ね備えるエコロジカルな商品です。
技術開発が進み新しい商品がどんどん生まれて来ます。
メーカーの皆様には頭が下がります。

200705134.JPG

次に、テレビのコマーシャルでお馴染みの四国化成工業(株)様の新商品、
美ウォール」「洗い出し基材」の紹介です。
美ウォールはリフォーム用着色トップコートで、美ブロやジョリパット等の
改装にもってこいの材料です。
ローラー塗布で親水性塗膜を張り汚れを寄せ付けず、塗り壁のの質感は
そのままに美しい仕上がりになります。

200705135.JPG

舗装用洗い出し基材は、美しい洗い出し仕上げが簡単に出来る材料です。
リンクストーン等長い年月で樹脂の接着が低下した床に、塗り付け
拭き取る事で綺麗な洗い出しの仕上がりになります。
さらに特徴として拭き取り時間にゆとりがあり施工性が良好な事と、
洗い出し基材が骨材と骨材の間に入り込み舗装面を強固なものにします。
仕上げ材も日々進化していますね。

200705136.JPG

そして、見事に多くの鏝(コテ)を展示されている、
(有)西勘総本店様です。

200705137.JPG

これだけのそろい踏み、見ているだけでわくわくして来ます。
やはり左官屋さん、鏝を手に取る様子は真剣そのものです。
西勘総本店の島津社長様とのやりとりは聞いていて大変面白く、
為になる事ばかりでした。
薄手の作り方の大変さなどなるほどと思うことばかりです。
どの鏝を見ても丁寧に仕上げてあるのが良く分かり、
さらにさらに奥深い世界であることを認識しました。

あっという間に時間が過ぎてしまった内容の充実した講習会でした。
ネダテ建商様のお客様に対する姿勢を大いに勉強させて頂きました。
ご参加の皆様の熱心さにも心を打たれました。
また、12回も続けられていることにその偉大さを実感しました。
本当に素晴らしいことだと思います。
この良き体験を活かせるよう精進致します。
今後もご指導をよろしくお願い致します。

ネダテ建商の皆様、ご参加の皆様ありがとうございました。
皆様の益々のご活躍をお祈り申し上げます。

追伸:弊社の講習会も間近になりました。
    ネダテ建商様を多いに参考にさせて頂き、
    盛り上げたいと思います。


投稿時間 : 16:41 個別ページ表示

2007年05月10日
 ■ 「秋元屋」のもつ焼き 東京 大好きなお店 野方 

中野区野方にある行列の出来るそのお店は、
西武新宿線野方駅近くの やきとん「秋元屋」 です。

2007050231.JPG

今夕も満席で2人ほどお待ちのようです。
秋元屋さんは月曜日が定休日です。
しかし、ありがたいことに土・日は4時から営業しているのです。
普段なかなか時間の取れない我々の味方で、
休日の夕刻にゆっくりともつ焼を楽しめるパラダイスなのです。

2007050232.JPG

私がこよなく愛する「ホッピー」を頂きます。
焼酎と割るバランスが人それぞれで面白いですね。
私の場合は基本的にホッピー1本で焼酎2回お代わりです。
プリン体の少ない飲み物と言うことで安心して頂けます。
注:飲み過ぎたら同じですが!

2007050233.JPG

定番の「玉子入り煮込み」をお願いします。
秋元屋の煮込みはじっくりと手をかけ煮込まれた深い味わいながら、
辛過ぎず甘過ぎずの仕上がりで実に美味しい。
ホッピーに相性バッチリです。

2007050234.JPG

「ナンコツスライス」 外せない逸品です。
ナンコツを薄くスライスしたものにポン酢が掛かっています。
新鮮さが表れているコリコリ感がたまりません!
きざみネギとの相性は最高でお代わり間違いなし。

2007050235.JPG

これまた新鮮で色鮮やかな「レバサシ」です。
今日は塩とごま油をつけて頂きます。
ごま油の香ばしさとレバの甘さが・・・うっ旨い!

2007050237.JPG

手作り「ポテトサラダ」です。
シンプルさゆえ美味しいポテトの味がしっかりと楽しめます。

2007050238.JPG

この辺で野菜も頂きましょう。
「セロリの漬け物」です。

2007050239.JPG

「山芋の醤油づけ」です。
セロリも山芋もシャキシャキで口の中がさっぱりします。

2007050240.JPG

そして、新鮮パリパリの甘い「春キャベツ」です。
こだわり味噌をつけて頂きます。

2007050241.JPG

さあ、焼きに入りましょう。
最初は「レバタレ」のちょい焼き。
ちょい焼きとは、軽くあぶる程度で中がレア状態のことです。
まったりとした美味しさにホッピーも進みます。

2007050242.JPG

柔らかくも弾力のある肉質の「カシラシオ」です。
噛むほどに味の出るヤツです。

2007050243.JPG

「肉巻きトマト」
トマトにお肉を巻いて焼いた絶品の串焼きです。
焼きたてを頬張ると口の中が火傷しそうなくらいアッチッチ〜ですが、
トマトの酸味と香ばしいお肉のコラボが最高に合うのです!
ボーノ ボーノ ♪

2007050244.JPG

「とりニンニク」です。
正味肉にニンニクを挟んで焼きます。
薄塩くらいで焼いてもらうと、これまた合うんですね。
鶏肉の美味しさを引き出しています。

2007050245.JPG

「アブラタレ」 
脂っこいと思いきや程良く焼かれた脂身は、
とろりと、さらりと頂ける秋元屋技ありの一串です。
どんなお酒にもバッチリ合います。

2007050247.JPG

もう一品外せないのが・・・
中までしっかりと火が通った「厚揚げ焼」です。
カツオ節とやくみがたっぷりと乗った上にお醤油をかけて頂きます。
これも熱々を頬張ると まいう〜!

いや〜 お腹もいっぱい良い気持ちです。
いつも満席の店内は益々盛り上がっています。
お客さんとスタッフが一体になって楽しんでいます。
美味しいだけでなくこの雰囲気が素晴らしいんですね。
秋元屋さんに元気を貰ってます。
ありがとうございます。
 

投稿時間 : 12:47 個別ページ表示

2007年05月07日
 ■ 「CONFORT」 6月号 土と左官の力 

新刊のご案内です。

インテリア・デザイン・建築を結ぶ [ 隔月刊 CONFORT ] 6月号 
自由。美しい。おもしろい。左官が空間を変える。

特集 「土と左官の力」 

コピー 〜 P1050214.JPG

テレビや雑誌でお馴染みのカリスマ左官、東西26人近作コレクション2007
をはじめ、あらゆる特注左官の世界を見事に紹介した保存版です。
写真・解説ともに最高!!

弊社店頭にて販売しております。
中身の濃い一冊、是非お手元に!

投稿時間 : 12:57 個別ページ表示

2007年05月02日
 ■ 榎本新吉 参上  講習会準備報告 ◆

4月29日(日) 講習会用パネル下塗りの完成を目指し、
平成会の皆様を中心に多くの方にお手伝いを頂きました。

2007042901.JPG

ハンダ用中塗り土:1 左官砂:2 ワラ:2 を目安として
講習用パネル66枚分の塗り付け材料を配合します。

2007042902.JPG

塩梅(あんばい)を見る勝又氏です。
柔らか過ぎず固すぎず適度に粘りけのある状態に作り上げるのも、
経験から生まれた微妙な配合技です。

2007042903.JPG

早速塗り付け開始。
若手が勝又氏の塗り付け手順を見学しています。
今回もボランティアの方にご参加頂きました。

2007042904.JPG

東の巨匠、榎本新吉氏 参上!
その場に緊張の空気が張り詰めます。

2007042905.JPG

皆さんの挨拶はそこそこに、まずは長田氏の前に腰を下ろして・・・。

2007042906.JPG

さあ、お手並拝見!
「材料の配合は?」
「その鏝大きいんじゃないの?」
「どこから塗り付け始めるんだ?際の鏝はこびは?」
次々に質問を浴びせ、「愛のムチ」 ビシビシです。

そして、「いいなー オイ、どこが良いか分かるか?」
押さえ込む鏝後ろに線が出ている事を大絶賛されました。

2007042907.JPG

榎本氏持参の鏝を試す河西氏。
「いい感じです〜」 具合は上々のようです。

2007042908.JPG

「沖縄で拾った鏝だよ!」 と榎本氏・・・。
ええっ! 全員ビックリ!!
なるほど錆びてるぞ??

2007042909.JPG

その鏝を握り立ち上がるやいなや、

2007042910.JPG

くるりくるりと水平に剣先を前後にまわします。
素早い鏝廻しに凄い年期と迫力を感じました・

2007042911.JPG

すると、楽しそうに講習用パネルを塗り始めました。
ゆっくりと鏝を動かし土と遊んでいます。

2007042912.JPG

でも教える時は厳しく。

2007042913.JPG

榎本氏の鏝技です。
土も喜んでいるようで見ていても楽しくなります。

2007042914.JPG

優しく、しかも究極の鏝の握り方です。
出来るだけの多くの方に実際に見て頂きたい手です。

2007042915.JPG

仕上がり具合もきっちりチェック!
定規の使い方も大変勉強になりました。

2007042916.JPG

榎本氏譲りの技で土と遊ぶ勝又氏です。

2007042917.JPG

先日、左官の磨き技を個展で表現された小沼氏。
若い頃の榎本氏に生き写し!

2007042918.JPG

スイス漆喰のコンテストで見事、最優秀賞に輝いた木村氏です。

2007042919.JPG

皆様のお陰で無事下塗り作業が終わりました。
この蒼々たるメンバーを見て下さい。
作業後の語らいの時、奥深い左官の世界が展開されて行きます。
榎本氏には1日ご指導を頂きました。
これだけの方々にお世話になれる事はつくづく幸せだと思います。
この日も多くの事を学んだビックな1日でした。

皆様、感謝です。 ありがとうございました。


投稿時間 : 10:00 個別ページ表示