« 2008年12月 | メイン | 2009年02月 »

2009年01月31日
 ■ 宇ち多 旨いもつ焼きと焼酎3,5杯で至福の時 東京立石

久し振りの立石 「宇ち多」です。

2008120401.JPG

この暖簾を見ると心が弾んで来るのです。
それほどくぐるのが待ち遠しいのでした。

2008120402.JPG

でも、表も裏もご覧のとおりの行列です。
それでも並ぶのも楽しい30分待ち!

2008120403.JPG

ついに着席、戦闘開始です。

2008120404.JPG

どうですかこの「焼酎梅割」の美しい色合い。
もつ焼きとの相性はバッチリです。
溢れるグラスへ口を持っていきキューッとひとすすり、クーッ 効く〜!

2008120405.JPG

「煮込み」もやって来ました。
早いうちなら好みのところを取ってくれます。
今日はアブラのところを頼みました。
宇ち多の煮込みは大人のテイストで飽きが来ませんね。
いつも締めにもう一度頼みます!

2008120406.JPG

ナマで、「ハツとガツ1本づつお酢」で頂きます。
新鮮そのもので歯ごたえが素晴らしい。

2008120407.JPG

「おしんこショウガ乗っけてお酢」
シャキシャキ、パリパリで紅ショウガがピリリと効いてます。
サッパリといただく欠かせない一品です。

2008120408.JPG

お次は「アブラ少ないところ素焼き良く焼きお酢」
見た目はごっつく見えますが、食べてみるとこれが意外とサッパリ!
やはり、新鮮さゆえの美味しい食感です。

2008120409.JPG

「レバ塩若焼き」
土曜日はナマが無いのでレアな状態でいただきます。

2008120410.JPG

同じく「レバタレうんと若焼き」
ほんの少し火に炙る絶妙な焼きかたです。
塩もタレもレバの甘味が最高で感動の美味しさ!

2008120411.JPG

「ハツ塩」
これもプリプリの食感で実に旨い。
ただの プリ じゃなくて、プリッッ なんです。

2008120412.JPG

今度は「カシラ塩」
噛むと肉汁が溢れる逸品です。

2008120413.JPG

「カシラ素焼き若焼きお酢」もいっちゃいます。
肉質の良い噛めば噛むほど味のある憎い奴です。

2008120414.JPG

あれやこれやと夢中で食べて飲んでいるうちにお皿の数もこの通りです。
この日は3人でお皿12枚と、私はビールと焼酎3.5杯・・・。
素晴らしい酔い心地と美味しい満腹感で至福の時を楽しみます。

それにしても活気のある店内は時間の経つのを忘れてしまう世界ですね。
何か最近見た映画の中に飛び込んだような、レトロな良き時代の懐かしさを
感じます。
おっと、外でお待ちのお客様もいますので、この辺でお会計をお願いしましょう。

今日も沢山の元気をいただきました。
明日からまた頑張るぞという気にさせてくれる「宇ち多」でした。

投稿時間 : 18:19 個別ページ表示

2009年01月24日
 ■ スーパーミンク入荷しました!

大変ながらくお待たせ致しました。
欠品中のスーパーミンクがやっと入荷しました。
120僉滷横貝

200901241.JPG

磨き仕上げに欠かせない必需品です。
数に限りがありますのでお早めにお買い求め下さい。

投稿時間 : 15:27 個別ページ表示

2009年01月18日
 ■ 書籍コーナー新設

弊社事務所に書籍コーナーを新設しました♪

200901151.JPG

書籍コーナーと言ってもまだまだ小さなものですが、
今後は人気のコンフォルトをはじめ、こだわりの書籍を増やしていく予定です。
本から得る広い活きた情報は家造りに最高のヒントを与えてくれます。
お施主様から、建築に携わるすべての皆様にお役に立つこと間違い無し!
知らなきゃ損の健康住宅造りの情報をお確かめ下さい。

200901152.JPG

その他、関連グッズも品揃えの充実を図っております。

200901153.JPG

200901154.JPG

200901155.JPG

名工が作り出す鏝も品質、性能を厳選して種類を増やしました。

200901156.JPG

素材の良さをご理解頂く為の展示作品も、更に揃えてまいります。
これはもしかしたら、もう自分の趣味の領域かもしれませんね!

是非、遊びに来て下さい。
そして自然素材の素晴らしさをご一緒に学びませんか。
皆様のお越しを心よりお待ち申し上げております。

投稿時間 : 12:56 個別ページ表示

2009年01月14日
 ■ 本物見よう 2009

大分県竹田市 相ヶ鶴 井手家の石蔵

先ずは今年の皮切りに、素晴らしいものを見て頂きましょう。
それは、大分竹田市にある石蔵です。
以前、みかん小屋をご紹介しましたが、これまた凄い!

200804081.jpg

思わず目を凝らして見入ってしまう石積です。

200804082.jpg

そして美しい構えにため息が。

200804083.jpg

この石蔵は明治13年9月に建築された石積み竹瓦葺きの
石蔵なんです。
井手家が大切な物品を収納するために、火気を避け通気性を
考慮して建造したものです。

200804084.jpg

軒下を良く見れば竹を巧みに組み合わせて、

200804085.jpg

しかも、カッコ良く葺いてありますね。
ウム・・・良く出来た竹の使い方です。

200804086.jpg

裏から見てもどこから見ても絶妙な石積と竹瓦葺きが美しく、
人の心に印象深く映ります。

勿論、蔵内の素晴らしさ快適さは言うまでもありません。

200804087.jpg

そこへ現れたるは、
我らが四天王 右から、藤田氏、辻氏、薩田氏、小林氏です。
何 してんの〜(この四天王の本当の意味)の皆さんは
良いものを見ると、直ぐにこの様な仕草をとるのです。

※だから 何 してんの〜 なんですね!

200804088.jpg

どうですか、この石積の素晴らしさ!
本物を見学する事で少しづつ見る目が養われていくような
気がします。
もっと勉強したくなった一日でした。

本物の石蔵の前に、本気で物つくりを考える面々の揃い踏みです。
今年も多いに暴れて頂きましょう。

益々のご活躍を心よりお祈り申し上げます。

投稿時間 : 09:19 個別ページ表示

2009年01月09日
 ■ 2009 賀正

新年あけましておめでとうございます。

旧年中は格別なご愛顧を賜り厚く御礼申し上げます。
本年も一層のお引立てのほどよろしくお願い致します。

200901081.JPG

昨年の暮れに作ってもらった榎本団子です。
光輝く泥団子を見ていると、気持が明るくなり元気が出て来ますね。

今年も本物を求めて頑張ります!

投稿時間 : 15:23 個別ページ表示