メイン | 2006年10月 »

2006年09月28日
 ■ 東京 高田馬場 木舞荒壁

東京都新宿区高田馬場で建築中の木舞荒壁下地の現場を見学して来ました。
施工は地元の藤崎工務店様で、左官は埼玉県新座の加藤左官工業所様です。
加藤左官様は木舞荒壁から土壁仕上げ、土佐漆喰仕上げなどの伝統工法を
各地の現場で数多く施工されています。


2006091870.JPG


外側から見たところです。今回は柱と貫の関係で内側からの塗りつけになっているそうです。


2006091871.JPG


しっかりと塗りつけ裏側に荒壁土が充分に顔を出すように押さえます。


2006091872.JPG


内側の塗上がった状態です。柱(18儚僉砲篶造賄敲瓢斗佑任なり太くしっかりした物が使われています。元請けの島崎工務店様に伺ったところ、新宿の取引材木店が二十数年振りの仕事だと喜んでおられたそうです。


2006091873.JPG


差し込む日差しで輝く塗り立ての荒壁は、その独特な匂いと合わせ深く印象に残る自然の息吹を感じる壁でした。

2006091874.JPG


この様に加藤左官様の材料置き場で作り置きした荒壁用土を現場まで運び込みます。現在では駐車、停車も厳しい状況での作業は、一般建材の取り扱いとは違って大変です。


2006091875.JPG


荒壁土の作り方は、良質の荒木田土に押し切りで切った藁を混ぜ練った物を2〜3ヶ月寝かし発酵させます。大方の藁は溶けるそうです。そして、塗り付け前に出来上がった土にさらに藁を足して練り込みます。ご覧の様に、茶色の荒木田土がモルタルの様にグレー色になって粘度の強い独特の匂いのする荒壁土になります。手に取ると天然の素材で自然に出来る土のネバリは凄いなと驚きました。


2006091876.JPG


この日は2階の塗り付けだったのでポンプで圧送してました。昔は荒壁土を両手で持てる位の団子にして上へ投げ上げたそうです。


2006091877.JPG


こうして2階に上げた荒壁土を・・・


2006091878.JPG


炉端焼きで使う様な?長いヘラですくい取り・・・


2006091879.JPG


塗り付けている左官さんの鏝板に 「お願いします!」 「あいよっ!」 のかけ声でリズム良くヒョイッと乗せます。かなり早いテンポで土が塗り付けられオカワリって感じで鏝板が出て来ます。その声をよく聞くと、塗手は加藤左官様のレディースの方々も入っておられました。その見事な鏝さばきは必見です!


2006091880.JPG


荒壁塗りを終えた後は2〜3ヶ月置いてから次の塗り付け行程に入るそうです。
仕上げは外部内部とも土佐漆喰だそうで、先が楽しみです。
なかなか見られない小舞荒壁塗りを拝見出来て大変勉強になりました。
加藤左官様ありがとうございました。

投稿時間 : 08:28 個別ページ表示

2006年09月25日
 ■ 東京 伝統工法継承講習会

伝統工法及び現代工法継承研修会が、9月23日(土)東京都小平市に在る職業能力開発総合大学校に於いて開催されました。
主催は(社)日本左官業組合連合会で約120名の参加者が有り盛大に行われました。
午前中は伝統工法を現代工法にどの様に取り入れるか等の講義が行われ,午後からは 「木舞・三和土・洗い出し・切り返し・磨き」 の伝統工法が実演されました。
それぞれをご紹介したいと思いますが、まずはその1、大津磨きをご覧下さい。塗手は小沼左官様です。


2006092301.JPG


午後の技術講習の前に講師の紹介が行われました。日左連青年部エキスパート集団 「平成会」 の皆様です。


2006092302.JPG


小沼工業 小沼 充様は榎本新吉様の一番弟子で、芝の青松寺の磨きを始め多くの土壁や漆喰の現場作品を手掛けられています。特に磨きの技術は卓越したもので現在注目の左官職人さんです。

下塗り中塗りの段階はすでに終わっていて、上塗りからの実演です。上塗りも3層行程で、写真は一層目に塗る灰土(聚楽土10+石灰3+みじんスサ)塗りを行っています。


2006092303.JPG


チリ際を含めて縦、横、斜めに両手を使って強く押さえ込み充分にムラを取ります。この作業を伏せ込みまたはコナシと呼びます。


2006092304.JPG


鏝は、始めは地金鏝、後にはこなし鏝を使い数回押さえ込み(コナシ)を行い、灰土の段階で磨きをするつもりで表面に光沢が出るくらい繰り返します。


2006092305.JPG


仕上げ用引き土の(仕上げ用土10+石灰2+弁柄++紙スサ)材料です。
今回は拘りの白木節粘土と、俵に入れて自然に消化した石灰を使っています。
この土は輝きが良く出て、石灰は結晶が良いため押さえや締まりに違いがあるそうです。


2006092306.JPG


既に作り置きの秘蔵の引き土ですが、それをさらに鏝板に取って・・・


2006092307.JPG


そして細い柳刃鏝で、ほんの少量ずつ分けて心を込め練り直すのです。色むらや鏝むらなど出ない様に徹底した妥協の無い作業です。この拘りの材料作りがあってこその仕上がりだそうです。


2006092308.JPG


手塩に掛けた引き土を塗り始めます。


2006092309.JPG


2層目、3層目と水引具合を見ながら手早い鏝裁きで均等に塗り付けるのですが、それがお見事!


2006092310.JPG


さあ、いよいよ磨きです。両手でしっかり鏝を持って、いや腰から指先まで一体で引き土を押さえ込みます。後ろから見てると太極拳を見ている様です。この動きが均一に鏡の様に仕上げる技なのです。


2006092311.JPG


真剣勝負で汗をかきます。塗り手も磨き壁も・・・ビロードで壁の汗を拭き取ります。


2006092312.JPG


さらに磨き込むと・・・見て下さい。 顔が写ってます!
感激の瞬間で周りからも驚きの声が上がります。
強く美しい大津磨き壁、これぞ伝統の土壁、日本の壁です!!

投稿時間 : 10:18 個別ページ表示

2006年09月22日
 ■  「メゾン・ド・ヴァン 鶉亭」 京都大好きなお店

京都町歩き 第3回

夢中で土壁を見て回る内に日も暮れだしました。
そろそろ鴨川縁でも夕涼みと参りましょう。

200609221.JPG

綺麗な眺めです。鴨川の片側にはそれぞれのお店が床を出していて賑わっています。
この季節、京都ならではの風物詩ですね。
カップルの多い事・・・とつぶやきながら、四条大橋近くの美味しい処へ向かいます。

やって来ました 「京都 鶉亭」 今宵はゆっくり楽しませて頂きましょう。
格子戸を開けて入れば本物の町屋作りの佇まい。それはそのはず、京地鶏の水炊きの老舗です。そして尚かつ、オーナーソムリエのノウハウと技を結集したワインダイニングなのです。その山口オーナーとは出会いの時からの大ファンで、お目に掛かるのが京都へ来た時の外せないお楽しみです。

200609222.JPG

「焼き松茸と季節野菜の彩りサラダ」 です。秋の味覚ですね。
お薦め白ワインのシャサーニュ・モンラッシェ・クロ・デュ・シャトー・ド・ラ・マルトロワの芳醇な味わいと焼いた松茸の香ばしさが最高に合っています。いつも赤ワインばかり飲んでいますが、白ワインのイメージが一変しました。

200609223.JPG

「大間の鮪とフルーツの 爐砲り瓠仝立て」
んっ・・・ フルーツと思いきや甘さ控えめの酸味が鮪と絶妙な仲良しコラボ。
白ワインが進みます。

200609224.JPG

「オマール海老と根菜の取り合わせ」
蓮根とごぼうの新鮮繊維質根っこ組に、プリプリ甘いオマール海老が絡み三角関係。
それぞれのしっかりとした食感に秋の到来を実感しました。

200609225.JPG

メインは、「鶉のロースト 照り焼き茸ソース」
赤ワインはボルドー シャトー・グリュオ・ラローズ (サンジュリアン)
しっかりとした風格のある味わいで待ってましたのふくよかさ、口の中でローストされた鶉も喜んでいました。
ふと外へ目をやると、鴨川越におぼろ月夜・・・オオカミ男、ウサギ男、じゃなくて酔っ払いのウズラ男になってました。

投稿時間 : 15:49 個別ページ表示

 ■ 奥田信雄の土壁 京都 花見小路 祇園吉うた

京都町歩き 第2回

鶴屋吉信様を後にして、花見小路 「祇園 吉うた」 の京壁を見に行く事にしました。
吉うた様は今年創業百年を迎えるお茶屋さんで、♪月は朧ろに東山〜♪
の 祇園小唄 の原文を残す老舗です。

2006092001.JPG

祇園吉うた様の京壁は 「京錆土水捏ね仕上」 で、奥田左官工業所の奥田様の手による物です。
弊社にも奥田様の作品で「京錆土 投げスサ荒壁仕上げ」 「本聚楽土 水捏ね錆出し仕上げ」
を展示させて頂き皆様にご好評を頂いておりますが、やはり実際に京都で日本の家の壁として目を向けた時、その奥深さにただただうっとりと見とれるばかりです。

2006092002.JPG

奥田様にとってこちらの吉うた様は、独立されて初めて本格的な京壁を塗らせて頂いた思い出深い現場だそうです。こうして又、年月を経て塗り替えの時にはお声が掛かる・・・これぞ左官冥利に尽きる、名工の成せるお話しだと思います。今回の施工にあたっては奥田様の所有する数百袋の京錆土の中から、最も京都の花見小路通りに似合う色合いの良い錆土を選び使用されたそうです。

おっしゃる通り、粋で洒落た祇園花見小路にひときわ目立つ実に艶やかな京錆土の水捏ね仕上げの壁です。

投稿時間 : 09:44 個別ページ表示

2006年09月19日
 ■ 京都 鶴屋吉信

京都町歩き 第1回
しっとりと、はんなりと古都の心を感じながら散策と参りましょう。

まず最初は、今出川通堀川の京菓子 『鶴屋吉信』 様にお邪魔しました。
享和三年(1803)の創業以来、京菓子文化と伝統を現在に伝える名店です。
京菓子の優れた伝統は、京都の豊かな文化や歴史、四季の自然に包まれて磨かれてきました。平成4年に竣工された新店舗は、京の伝統的な町並みを構成する町屋の様式にならい、現代的な建築の中に茶庭や露地を取り入れて京菓子の美が映える空間を作り出しています。

正面玄関から入り美味しそうな京菓子が並ぶとても広々とした余裕の店舗に言葉を無くします。

2006091901.JPG

品のある繊細な作りのお菓子が並んでいます。綺麗で美味しそうですね。どれをお土産にしようか悩みます。 がっ、しかし視線は徐々に壁や床に行き始めます・・・。職業病でしょうか悲しい?性です。

2006091902.JPG

なんと美しい見事な土壁でしょう。暫く動けず見入ってしまいました。すると店員さんがお茶を持って来て下さいました。そして 「おこしやす」 クゥ〜感激。

2006091903.JPG

奥に入って行くと、これまたゆとりのディスプレイ。デパ地下とは訳が違う!

2006091904.JPG

さらにその奥は商談用の個室です。

2006091905.JPG

2階に上がると、そこにはゆったりとくつろげるお休み処があります。全部のお部屋をご紹介出来ませんが趣向を凝らしたたお部屋で季節のお菓子とお抹茶などいろいろ楽しめます。ちなみに、この日は暑かったので「宇治大納言かき氷」を頂きました。今までに食べた事の無い美味しさでした。

2006091906.JPG

一番奥まった所に控えるのは、拘りの茶室「游心」です。
年4回季節の創作菓子を楽しむ茶会を開催されているそうです。
1階からご紹介をさせて頂いた土壁の塗り手は、京都の名工 佐藤左官工業所(佐藤嘉一郎、佐藤ひろゆき親子)様です。

2006091907.JPG

名工の技を屈指して塗り込めた仕上げは、木舞透かし壁です。わびさびの世界です。静かなここち良い空気の中でお茶を頂きながら、どの様にお茶会が行われるのか思いを馳せてみました。

2006091908.JPG

こちらのお部屋には、落ち着いた数寄屋風のカウンター席 「菓遊茶屋」 があります。熟達した菓子職人が、お客様の目の前で季節の京のお菓子を作って食べさせてくれるのです。お寿司屋さんじゃないけれど、見事な手さばきでみるみるお菓子の花が咲く様子が間近で楽しめます。

雅の京菓子、熟練の菓子職人、名工が仕上げた土壁 これぞ京のこころ 和のこころ。

お後がよろしいようで・・・。

投稿時間 : 11:49 個別ページ表示

2006年09月15日
 ■ 京都 土処 中内建材店

京都 中内建材店様をお尋ねしました。 壁土では日本を代表する究極の色土を製造販売する建材店様です。創業は明治元年で西陣(聚楽第跡地)で聚楽土の採取を始められたそうです。本物の聚楽土であるが為に良い壁土にするのは配合が難しく大変手の掛かる作業ですが、現在もその伝統製法を忠実に守っておられます。京都駅からタクシーに乗り目的地を告げます。「上京区浄福寺中立売上ル東西俵屋町へお願いします!」 いやー、これを言うと京都に来たな〜と一人でシビレています。

京シビレの具合もほど良くなった頃、到着です。

2006091501.JPG

中に入れて頂くと、まさに土ワールド。この様に採取した聚楽土を隠して?あるんです。
何処で採取しているかと言うと(中内建材店様の土壁総合カタログより抜粋)
豊臣秀吉が自らの権力を誇示するために造営した聚楽第は、天正14年1586年2月に着工し、翌年9月に竣功します。天正16年4月には後陽成天皇の行幸を仰ぎ、諸侯に忠誠を誓わせました。その後、養子秀次が住みますが、文禄4年1595年秀次が謀反の疑いで追放されたあと秀吉は破却を命じます。現在その跡地付近で建築工事をされるときに(基礎工事の掘削の段階)地下2〜3メートル掘ると聚楽土30僉腺殴瓠璽肇襪料悗謀たりそれを採取しています。

2006091502.JPG

その土を小分けして乾燥させます。

2006091503.JPG

手に取って爪を立てて擦り付けると、当たった部分に艶が出て光ります。良い土の見分け方です。

2006091504.JPG

この機械で土を精製します。ベースになる部分は戦前から使われている物だそうです。

2006091505.JPG

40冂の円筒の壺の中へ乾燥した土を入れ、それを餅つきの様に突いて粉砕します。聞くところによると、この製法で土の中の不純物や石を必要以上潰さず、上質の粘土分を持った土を抽出する事が出来るそうです。技ありの機械です。

2006091506.JPG

藁スサも制作されています。こだわりの藁です。

2006091507.JPG

その藁を希望のサイズにカットする機械です。機械自体全部オリジナルです。

2006091508.JPG

土壁の仕上げ方に合わせて何通りものスサを製造されています。

2006091509.JPG

そして、出来上がった土は袋に収められ、この様な荷姿になって出荷されます。

2006091510.JPG

簡単な説明になってしまいましたが、中内建材店様の伝統技術は大変に奥の深い京都の歴史上に培われた究極の文化であると思います。その土を使って仕上げた壁や土間が住み心地や健康に良く素晴らしいことは容易に想像出来ます。お邪魔して土の匂いの中に浸っていると心が洗われ、もっと土の事が知りたくなりました。本当の土のソムリエになるのはまだまだ先の話ですね! 中内様ありがとうございました。今後もご指導よろしくお願い致します。

投稿時間 : 21:36 個別ページ表示

2006年09月13日
 ■ 大阪 新世界 串カツ

(株)梅彦様の講習会を終え、懐かしの大阪の町を散策する事にしました。大昔、見習いに来ていた頃に何度か遊びに行った新世界、通天閣を思い出しました。
そして、丁度昼時だったので 通天閣=串カツ の方程式が脳裏に浮かび即突撃っ!
着いてみると、いや〜ほんまに懐かしい。北の梅田、南の難波と違ってレトロな雰囲気がそのまま残っている町です。なにわあきんどの「うまい串カツと、よう冷えたビールありまっせ。どうでっか?」という声が聞こえて来そうです。足早に 「元祖串カツ だるま」 に向かいます。

さすがの行列。中外含めて30人位の待ちでしょうか。でも以外に回転が早かったのを思い出して並びます。なにせ元祖ですから。


200609126.JPG

待っている間に外に貼り出してあるお品書きを見て、「まずは、豚かつ、えび、たまねぎ・・・を頼んで、
いやトマト、もち、チーズも外したらあかん」 などと考えを巡らします。食べる前から結構楽しんじゃいました。


200609127.JPG

ご存じ、ソース二度漬け禁止の張り紙! 串カツをソースの入った深めのトレイに浸すのは一度だけ。かじった串をまた漬けてはいけないのです。待つ事30分でやっと席に着く事が出来ました。

200609128.JPG

さあ食べるぞ。元気な店員さんが注文をとって串を揚げてくれます。来ました熱々の串カツが。やけどをしない様に注意しながらかぶりつきます、うまい! ビールをグビグビ!!
う〜ん、幸せです。ここの串カツは東京で食べる「串揚げ」とは違うカジュアルさが魅力なんですね。ころもが厚めで少し味が付いている感じで、食材は凝った細工をした物ではなく実にシンプルです。トマトなんて最高。それがなにわの串カツなんです。昔から変わらない一串入魂の味、堪能しました。


200609129.JPG

通天閣にも登って、ビリケンさん(福の神)に会って来ました。

投稿時間 : 09:12 個別ページ表示

2006年09月12日
 ■ 大阪 (株)梅彦 塗り壁体験教室

9月9日(土) 大阪 (株)梅彦様の本社で毎月開催されている、塗り壁体験教室に参加させて頂きました。 本社ショールームです。

200609121.jpg

この講習会は主に設計・工務店関係の皆様を対象に行われ、内容を充実する為に少人数制で開催される会です。講師は(株)梅彦の営業の皆さんです。さて、参加者全員エプロンを付けてスタンバイ。塗り壁教室の始まり始まり・・・。

200609122.jpg

まずは、二野様より梅彦こだわりの材料 『フィアラ』 『e fit Cream』 『けいそうわら聚楽』 について詳しい説明がありました。素材には食品にも使われている物もあり、安全第一、健康志向の体に良い快適な空間を造る建材の開発を行っているそうです。

200609123.jpg

色々なテクスチャーの紹介と施工方法の指導がありました。営業でありながら講師の皆さんの鏝さばきは見事なものでした。う〜ん、かなり塗り込んでいる! なるほどこれが(株)梅彦の営業活動に生かされていたのかと感心するばかりです。ただ商品を売るだけでは駄目なのです(反省)

200609124.jpg

少人数制の意味が分かりました。参加者全員が塗れる様に何枚もパネルが用意され、テーマ別に手取足取りの指導でじっくりと学習出来る様になっていたのです。実際に材料に触れる事で質感や作業性を確認する事が出来ました。

200609125.jpg

お陰様で、とても中身の濃い講習会で勉強になりました。教えて頂いた事を今後に生かせるよう頑張ります。(株)梅彦の皆様、ご参加の皆様、ありがとうございました。


投稿時間 : 08:06 個別ページ表示

2006年09月04日
 ■ そして、今の富沢建材は・・・

現在の弊社です。お陰様で来年は創業55年を迎えます。
建材も素材が吟味される今、昔の材料が見直されています。
良き時代の材料・工法を見直し勉強して皆様のお役に立てるよう頑張る所存です。

200904261.jpg

投稿時間 : 17:00 個別ページ表示

 ■ ブログ公開のお知らせ

この度、ブログを公開する事になりました。自称 『石灰と土のソムリエ?』 を目指す駆け出し者ですが、見たり聞いたり触ったりした事を自分なりに面白く掘り下げてお知らせ出来ればと思っています。建材の事だけでなく旅行やグルメ、ご近所居酒屋話など何でもありの独り言で突撃します!


まずは、記念の1回目  弊社昭和35年頃の写真です。なんとなく記憶に残っている頃でオート3輪車で配達してました。砂、砂利、荒木田土等、骨材はすべて手積み手下ろしでした。昔の人は丈夫な訳です。店先には懐かしい土管や大谷石、コンクリート製のゴミ箱などが置いてあり古き良き時代がしのばれます。当時7才位の私は一緒に配達に行きたくてせがむと、現場でチョロチョロしないようトラックの助手席に縄で縛り付けられて連れて行ってもらった覚えがあります。でも、時にはストーブにコークスを入れる小さいスコップで手伝った事もありました。(笑)

20060904.jpg


投稿時間 : 11:43 個別ページ表示