« 2010年10月 | メイン | 2010年12月 »

2010年11月30日
 ■ 鳥取 全国・鏝絵なまこ壁 サミット

11月6〜7日 鳥取県倉吉市 倉吉未来中心 大ホールに於いて
「全国・鏝絵なまこ壁サミット in とっとり2010」 が開催されました。

2010113001.jpg

この企画は、鳥取県 鏝絵なまこ壁文化推進協議会が主催し
息づく左官職人の技と魅力的な左官文化を紹介するビックイベントです。
大きな会場は多くの参加者で熱気が溢れています。

2010113002.jpg

6日には、建築家 早稲田大学理工学部教授 石山修武氏の
「職人のワザによるまちづくり!」をテーマに基調講演が行われ、
その後、地域からの報告で「鏝絵なまこ壁でまちつくりを!」と題して、
静岡県松崎町、大分県安心院、富山県小杉町、広島県広島市、
鳥取県大田市 鳥取県と各エリアからの興味深い報告が行われました。

2010113003.jpg

そして最後に、石山修武氏、写真家藤田洋三氏、左官職人挾土秀平氏、
司会に鳥取大学准教授の五島朋子氏を迎えパネルディスカッションが行われ
ました。石山、藤田、挾土、三氏の左官の可能性を熱く語る姿がとても印象的でした。

2010113004.jpg

翌日7日は待ちに待った見学会です。
小グループを何班か編成して「蔵リズム・ツアー」の始まりです。
昨年は西エリアの大山北麓を巡りましたが、今回は東エリアの鹿野町や八頭町を
文化推進協議会の宮本氏、木谷氏のご案内で見学しました。

2010113005.jpg

最初に倉吉白壁通りの散策です。

2010113006.jpg

粋な街作りに行く先々で歓声が上がります。
美しい漆喰白かべの街は本当に良いものです。

2010113007.jpg

蔵のある猪子の大庄屋 奥田邸にお邪魔します。
先ずは見事な庭園に言葉を無くします。
色づく木々に秋の気配を感じながらの蔵リズム・ツアーは最高です。

2010113008.jpg

さあ、亀甲なまこ壁をまとった明治期の文庫蔵の登場です。

2010113009.jpg

こちらのエリアは瓦を貼り付けた仕様が多く、しっかりと瓦を押さえた
ふくよかな力強いなまこが実にカッコ良く迎えてくれました。

2010113010.jpg

八頭町破岩の歳岡邸の蔵です。
大正時代に造られ、20〜25年前に上田左官様により
漆喰の塗り替えがおこなわれたそうです。

2010113011.jpg

上田左官の自信作、七宝なまこがきっちりと仕上がっています。
しかし手入れの良いこと、とても綺麗です。

2010113012.jpg

八頭町船岡の中原邸の蔵です。

2010113013.jpg

安政5年の蔵で、平成19年に山根左官様の手により修復されました。
剣先玉七宝なまこ仕上げと見事な鏝絵の組み合わせで、
見ている者を飽きさせない出来映えです。

2010113014.jpg

八頭町北山の山根邸の蔵です。
平成16年 古いRC造を現代の建築技術で作り上げた物です。

2010113015.jpg

上田左官様、山根左官様が技を駆使して施工したなまこ壁を前に、
山根氏ご自身が見学者に案内をして下さいました。
お施主様が鏝絵の第一人者に自由に十二支等の施工を任せた作品で、
鏝絵の数は日本一だそうです。

2010113016.jpg

江戸後期に建てられた現役の民家です。
ご覧のように懐かしい囲炉裏が燻る雰囲気、空気に心が洗われていく気がします。
忘れ欠けている何か大事なものを思い出した蔵リズム・ツアーでした。

鏝絵なまこ壁文化推進協議会の皆様、大変お疲れ様でした。
心に残る鳥取のなまこ壁の世界を充分に楽しませていただきました。
そして、本物を見る事の大事さを痛感しました。
ありがとうございました。
皆様の今後の益々のご活躍をお祈り申し上げます。


投稿時間 : 16:34 個別ページ表示

2010年11月20日
 ■ 西川和也 パオ連続講座

10月24日(日) 第8回パオ連続講座が開催されました。
今回が最終回となる連続講座の大取を努めるのは、
伊勢のカリスマ左官 工房カズ 西川和也氏の登場です。

2010111601.jpg

千秋楽を迎え、会場は顔馴染みのお客様も増えて左官ムードが高まっています。
連続講座が大成功の表れですね。

2010111602.jpg

さあ、西川和也氏のご登場! お題は 「素朴な左官」 です。

2010111603.jpg

西川氏と言えば伊勢神宮ですね。
お伊勢さんには氏の左官技があちらこちらで輝いてます。
内宮の入り口に架かる宇治橋の手前には見事な90屬寮い出しが
施工されています。
玉砂利も、そしてここを通れば心も綺麗に洗われると言う訳です。

2010111604.jpg

皆様ご存じ、お伊勢参りに欠かせない「赤福」様の赤福餅。
そしてお客様を迎える真っ赤な かまど です。
毎年兄弟子の尾崎孝行氏と一緒に塗り替えている究極の作品で、
伊勢参りに見えたお客様の心と体を癒してくれる美しい かまど です。

2010111605.jpg

お伊勢さんパワーを発しながら熱く語る西川氏です。

2010111606.jpg

その他、店舗、住宅、美術館等、あらゆる場所で活躍されています。

2010111607.jpg

大きな壁面に施工された黄大津壁です。

2010111608.jpg

そこに施された虫籠窓(むしこ)窓です。
他にも大きさとデザインの違う作品がいくつもあります。

2010111609.jpg

以前にもご紹介した西川氏の傑作で、杯をデザインした黄大津の磨きです。

2010111610.jpg

どうですか、この粋なこと!
裏の室内側はワラを浮き出させた土壁で同じデザインで仕上げてあります。
お施主様がさぞお喜びになった事でしょう。

2010111611.jpg

こちらは法仏殿です。
伝統的な日本建築の修復もお手の物で、基本的な線・面を大事にして、
非常に高い精度で仕上げてあります。

2010111612.jpg

西川氏曰く、
「一番言いたいことは、左官と言うのはもっと身近なもので昔からあるものです。」
伊勢磨きの真髄を世に知らしめるカリスマ左官の素朴な言葉!
「素朴な左官」 がそこにありました。

2010111613.jpg

じっと見ていると生き生きとしていて呼吸をしているようにも感じられますね。
西川氏の究極の技と、伊勢で育まれた素晴らしい素材が生み出す、
美しい作品です。
これが壁になるのですからたまりません!!

2010111614.jpg

受講者に囲まれ質問攻めに遇う西川氏です。
一つ一つ丁寧に答える姿は仕事に自信を持つカリスマのオーラが溢れていました。

2010111615.jpg

そしていよいよフィナーレを迎え、西川和也氏、座長の木村謙一氏を囲んで
楽しい懇親会です。
西川氏には弊社の講習会でかまどの磨きをお世話になりました。
何しろ面倒見の良い人なんです。
この人柄に多くのファンがいるのも当然ですよね。

三重県、伊勢は左官にとって幸せなところだと話してくれました。
伊勢の独特な工法は左官業界注目の世界です。
そして更に伊勢磨きやその他の工法を進化させ、知恵を使って
自分たちの力でやり遂げる姿勢に大きな感銘をうけました。

農業も営む西川氏、やはり土に触れることが生き甲斐なんですね。

2010111616.jpg

さらに2次会・・・時間も忘れ夜が更けていったのでした。

西川和也様、ありがとうございました。

木村謙一様、安仲卓二様、パオ8回連続講座、最高でした。
「左官仕事 どろり 好奇」 車座で日本を代表する8人のカリスマ左官職人と
身近に触れることの出来た左官ライブ、今年一番の思い出に残るイベントでした。
素晴らしい企画に心から感謝申し上げます。
ありがとうございました。

投稿時間 : 17:32 個別ページ表示

2010年11月05日
 ■ 二毛作 立石の秋

春夏秋冬、全てのシーズン美味しいおでんと旬のお料理、お酒が楽しめるお店、
それは葛飾立石 「二毛作」 です。

201011051.JPG

今宵も楽しいお客様で賑わう店内を覗くと、
ナイスガイの日高店長が笑顔で迎えてくれます。
手前のカウンター席に案内され腰を下ろせば、
お隣には立石住人のこれまたミスター爽やか立石が
何やら美味しそうな物で一杯やっってます。
松茸と万願寺とうがらしではありませんか!

201011052.JPG

思わず飲み物より先にオーダーしてしまいました!!
この焼き上がった松茸の香りの良いこと・・・。
かぼすを絞って醤油をほんの少し垂らしてかぶりつけば、
まさに秋の到来です。

201011053.JPG

日高さんに松茸に合う燗酒をお願いすると、
迷わず出てきたのが、福岡の「独楽蔵」こまぐら です。
特別純米の5年ものの古酒で希少なものだそうです。
杯を口に運べば熱燗ながら古酒の割には比較的呑みやすく、
豊かな香りとコクが松茸との相性バッチリで最高です。
さり気なくレベルの高い味わいを楽しませてくれるのです。
その後どれだけ呑んだかはナイショです。

秋の夜長を思い切り楽しんだ立石「二毛作」でした。
日高店長、立石の皆様、ありがとうございました。

投稿時間 : 17:32 個別ページ表示