« 2007年07月 | メイン | 2007年09月 »

2007年08月29日
 ■ 「加藤芳信展」 風のシリーズ 点から線へ

何と素晴らしい・・・感激の 「加藤芳信先生」 の世界へ!

初めて見る、言葉では言い表せない心に浸みる作品を是非皆様にも!!

200708291.JPG

「加藤芳信展」 は、銀座2丁目の GALLERY 美術世界 において、
開催されています。(平成19年 8月25日〜9月1日)

200708292.JPG

 「 風を読む。
   微気象を読む。
   蝶々が飛ぶ時の風を読む。
   音楽も風に乗ってやってくる。
   風は生命を支える。

   作庭の基本は微気象。
   微気象が無けれ政(まつりごと)はできない。
   無色透明であって初めて政ができる。
   知識や怒りや悲しみでは決められない。
   そのために日本庭園は生まれた。

   微気象は心を伝える。
   庭に流れる心地好い風を表現したい。
   人間がほっとする空間を演出したい。
 」  パンフレットより

加藤芳信先生は40年間点を打ち続けてこられました。
先生の作風の原点は点で表現する事で、
その数は何百万に及びます。
初めは白黒だけの点で描き続け、30年目に点に色がつき始めました。
その後進化して、100メートルの長さの点描の絵巻を完成させ、
多くの人を感動の渦に巻き込みました。
また、ヨーロッパの評論家の方々はその素晴らしさに賞賛の声を
惜しみませんでした。

現在75才の加藤先生は、今回のテーマとして「風」を取り上げられました。
第三の空気シリーズで「見えない空気」を表現された先生は、
点から線を極めることによって、流れ行く風も伝えようとされました。
「点」を極めた先生だからこそ描ける「線」があるのですね。

その繊細さに思わず息を呑み、言葉を失います。

200708293.JPG

「個と個」
ミクスドメディア 45.5×106

200708294.JPG

「紫の玉」
ミクスドメディア 45.5×106

200708295.JPG

「日ハ又登ル」
ミクスドメディア 45.5×106

200708296.JPG

「早春」                       「秋声」
ミクスドメディア 53×45.5僉        ミクスドメディア 53×45.5

200708297.JPG

自然との会話が出来なくなり、いつも不安にさいなまれている
現代人に送る最高の癒しの秀作!
個展会場に入った瞬間から室内の空気が違います。
心がすっきり爽やかに癒されます。

加藤芳信ワールドを是非皆様にも浸って頂きたいと思います。

加藤先生ありがとうございました。
お伺いして、思いがけず先生にお目に掛かれて嬉しかったです。

投稿時間 : 12:32 個別ページ表示

2007年08月25日
 ■ 「古民家スタイル No8」 新刊のご紹介

ご案内  詳しくは クリック!
         ↓
第3回 漆喰・土壁 技術講習会を、 挾土 秀平氏をお招きして開催します。
皆様のご参加をお待ちしております。

さて、今回は弊社にとって大変有り難い掲載をしていただいた本をご紹介します。

それは、(株)ワールドフォトプレス様の 「古民家スタイルNo8」 です。

2007082521.JPG

空間に古材をいかす古民家の再生、暮らしの再生と題して、
古民家再生住宅の紹介、古民家に出会える場所、
古民家の食事処など綺麗な写真で紹介されています。

2007082522.JPG

そして、P102・103 には、弊社を紹介していただき、
漆喰壁の良さを自分なりにお話させていただきました。
これを切っ掛けに良い住宅を建てていただく為、少しでも多くの
皆様のお役に立てるよう頑張る所存です。

2007082523.JPG

その他、古材パーツショップガイドや、古民家・相談窓口など
魅力の情報が満載です。

2007082524.JPG

(株)ワルドフォトプレス様では、

リビングスフィアシリーズ
「生き方と暮らしのかたちをまるごとつかまえた。
家ってこんなにおもしろい。」

2007082525.JPG

ワールドムック 
古民家スタイルシリーズ

など、住宅に関する多くの書籍を発売されています。

それぞれが濃い内容であると同時に、即役に立つ実用書として
皆様に読んでいただけると思います。
この様に良い本を沢山作っていただくのは素晴らしい事だと思います。
その豊富な写真や情報をビルダー側だけでなく、
お施主様にもご覧いただき、こだわりを持って
良い家作りを進めていただければ幸いです。

私共は、本物へのこだわりを持ってそのお手伝いをさせていただきます。

「古民家スタイル No8」 1.800円
弊社でも店頭販売しております。(全国書店でも好評発売中)

(株)ワールドフォトプレス様、ありがとうございました。
今後もご指導のほどよろしくお願い申し上げます。

投稿時間 : 10:42 個別ページ表示

2007年08月21日
 ■ 「好日」のラーメン 東京 大好きなお店 東中野 

ご案内 
第3回 漆喰・土壁 技術講習会 挾土 秀平氏をお招きして開催します。
皆様のご参加をお待ちしております。

てな訳で、
美味しいラーメンのお店、東中野 「好日」 こうじつ をご紹介します。

2007072851.JPG

JR東中野駅西口改札を出て左側階段を下り真っ直ぐ50メートル。
そこに大好きなラーメン 「好日」 があります。
女性だけで仕切る好日は、TV、雑誌等で紹介され大繁盛のお店です。

2007072852.JPG

こだわりを感じるフレーズですね。
美味しい優しい予感が溢れています。

2007072853.JPG

煮たまごつけ麺 普通もりです。
7割方注文するのはこのつけ麺です。

2007072854.JPG

スープは鶏と魚介系がハイレベルに融合し繊細かつ芳醇な香りと
味を出しています。
黄金色に透き通ったあっさり系でありながら沢山のいいものを
使っているなと感じる、自然素材の旨みが豊富な体に染み入る
スープです。

具は、細切りに切ったチャーシューとメンマ、煮たまごと刻みネギです。
通常はそこに七味唐辛子が少々入っていますが、
私の場合は唐辛子抜きでお願いします。(単に唐辛子に弱い)

2007072855.JPG

麺は太麺ストレート。
細麺好きな私にとって初めて美味しいと思った太麺です。
のど越しの良いモチッとした食感で、玉子の風味も良く
食べると元気が出てくる味のある麺です。

普通もりでもかなり量が多く最初はビックリしますが、
美味しいのでつるつるっといただけてしまうのです。
女性は少なめが良いかもしれませんね。

2007072856.JPG

個人的に外せないシャキシャキメンマです。
追加注文で、これをスープに入れて麺と一緒にいただくのが楽しみなんです。

2007072857.JPG

こちらは、煮たまごラーメンです。
つけ麺同様スープと麺はハイレベルな美味しさです。
ご覧の通りさっぱり風ながら奥が深い良い味を出している定番です。
食べられるものなら、つけ麺、ラーメン一度に両方食べたいと
思っているのは私だけ?

好日のラーメンは良質な天然素材の良さを充分に引き出した、
化学調味料を使わない安心していただける逸品です。
そのスープと麺の優しさにファンが多いのも納得です。

でも、この高度な技を駆使しての麺つくりは、
日々大変なご苦労があっての美味しさだと思います。
美味しさへの努力・・・。
お客様を迎える明るい声の中に「好日」という店名が示す通り、
真心がこもっているのですね。

好日様、美味しいラーメンをいつもありがとうございます。

投稿時間 : 16:20 個別ページ表示

2007年08月17日
 ■ 挾土秀平が見せる! 第3回 漆喰・土壁 技術講習会 開催のお知らせ

挾土 秀平 写真集? いや、

第3回 漆喰・土壁 技術講習会のご案内です。

11月10日(土) に、挾土 秀平氏をお招きして開催します。
詳しくは、弊社ホームページ 「新着情報」 をご覧下さい。

ここで私が撮っった 挾土 秀平氏 を一部ご紹介しましょう。

200708171.JPG

飛騨高山、現在建築中の挾土迎賓館敷地内 緑の中で。

200708172.JPG

アトリエ、驚きの作品群です。

200708173.JPG

某現場でオーラを放つ挾土氏です。

200708174.JPG

ビックサイトに於いて、日本化成(株)様のイベントでのトークショウで。

200708175.JPG

鏝を握ればカリスマ職人に変身!
真剣な表情にその場の空気が張り詰めます。

200708176.JPG

TBS報道番組 NEWS23のバックの壁 「薔薇」

200708177.JPG

カッコイイ笑顔と究極の技で、人々を魅了し続けます。

秋の 『挾土 秀平』氏 の講習会へ向けて準備を開始しました。
皆様のご参加をお待ちしております。

投稿時間 : 08:34 個別ページ表示

2007年08月13日
 ■ 祝 田川産業(株) 「ライミックス」 総理大臣賞 受賞

建材業界にとって素晴らしいビックニュースです!

8月10日(金) 田川産業株式会社 「行平 信義」 社長様が、
第2回ものつくり日本大賞 「内閣総理大臣賞」 を受賞されました。

首相官邸で安倍首相直々の表彰です。

200708101.JPG

受賞件名は、弊社でもご紹介している 「ライミックス」 です。

200708102.JPG

ライミックスは、「漆喰は水で練って塗る」という数千年の常識を
打ち破り、独自の真空高圧成形技術と炭酸化固化技術の開発
により、高強度で床にも仕様できる板状の漆喰セラミックという
新たな素材です。
焼かない技術から生まれる豊かなデザイン性とともに、
調湿性、吸着性、独特の優しい質感など漆喰故の優れた機能を
有する素材です。

200708103.JPG

我らの行平社長、涙でやりましたのご挨拶です。

共に苦労した社員の皆様に心のこもった感謝の気持ち・・・。
私も感激で目頭が熱くなった瞬間です。

200708104.JPG

内閣総理大臣表彰状です。

ものつくり日本大賞とは、我が国産業と文化を支えてきた
「ものつくり」 を継承・発展させるため、ものつくりを支える
人材の意欲を高め、その存在を広く社会に知らしめることを
目的とした内閣総理大臣賞です。
経済産業省、文部科学省、厚生労働省及び国土交通省の
4省庁連携による、2年に一度開催される総理大臣賞です。

200708105.JPG

授与されたメダルです。

200708106.JPG

行平社長様、首に掛けていただきましょう。

首相官邸での表彰式は緊張で張り詰めた空気の中、
厳粛に行われたそうです。

200708107.JPG

田川産業株式会社、受賞式出席者の皆様です。

田川産業株式会社 代表取締役社長 行平 信義氏 (左)
     
     〃       ライミックス事業 統括リーダー
              福岡大学資環研 客員研究員
                        尾池 哲朗氏 (中)

     〃       研究開発室 研究員
              工学博士 一級建築士
                        乗松 全成氏 (右)
     
誠におめでとうございます。
行平社長様のご努力が、企業が受ける日本国で最高の賞を 
受賞された事に、言葉では言い表せない感動をいただきました。
また、日頃お世話になっている我々に大きな夢と勇気もいただきました。

あの心のこもった涙のご挨拶は一生忘れません。

田川産業株式会社様の今後益々のご発展と、
行平社長様、スタッフの皆様のご健勝をお祈り致しまして、
お祝いのお言葉とさせていただきます。

ライミックスは弊社で展示しております。
その素晴らしい素材感を是非手にとってご覧下さい。

投稿時間 : 12:01 個別ページ表示

2007年08月07日
 ■ 『 月刊 建材 』  編集委員会 編集会議

東京セメント建材協同組合が発行する 『月刊 建材』 の、
編集会議の様子をお知らせ致します。

何故か私もその編集委員を仰せ付かっております。

2007053121.JPG

発行回数560号を超える建材組合広報誌 『月刊 建材』 は、
業界のあらゆるニュース、商品案内、コラム、ネットワーキング等
幅広い情報が満載です。

2007053122.JPG

忙しい中、編集委員の皆さんは仕事を早めに切り上げて、
会議に参加します。

豊富な内容の誌面を作り出す編集委員会は毎回、
入稿された記事の校正と、3〜4号先までの予定を
活発な意見交換をしながら進めて行きます。

2007053123.JPG

右の方が、会議を取り仕切る鬼?編集長の田中氏です。
普段は優しい、お酒と競馬とOOを適度に嗜む楽しい人ですが、
月刊建材の事になると鬼才になる編集長には適任の紳士です。

左の方は、月刊建材を含む広報活動全体を統括されている
高橋広報委員長です。
その甘いマスクとは裏腹に働き振りは凄まじく、就任後活発になった
組合活動の原動力として大きく貢献されています。

2007053124.JPG

遅い時間まで集中して行われる会議は真剣そのものです。

2007053125.JPG

こうして月刊建材は作られています。
編集委員、建材組合事務局、制作工文社の皆さんの
大変なご苦労があっての新聞作りなんです。
(私の場合、あまり役にはたっていませんが・・・反省)

2007053126.JPG

編集委員会の終了後、ここからは別の委員会が始まります。

プライベート未公認の 「そんなに飲んで委員会」 です。

2007053127.JPG

お疲れ様の一杯、最高です。
編集会議ではお弁当が出たので、ここでは飲み主体になります。

2007053128.JPG

なんと、ヤングコーンを焼いてくれました。
焼きたて熱々の皮を一生懸命剥いてくれてます。

2007053129.JPG

温かいほんのり素朴な甘さに何思う・・・。

2007053130.JPG

先程の編集会議で良い話が沢山出ていました。
その話をお酒のつまみにチビリチビリとやります。

気心知れた編集委員のメンバーと傾けるグラスは、
他では味わえないインテリジェンス?な雰囲気をかもし出します。
ハイグレードな酔い心地にそれぞれの頭の中に月刊建材の新しい
魅力的な誌面が出来上がって行くのでした!!

夜も更けて来たのでそろそろ帰りましょうか。
月刊建材が益々進歩発展しますように・・・。

投稿時間 : 08:07 個別ページ表示

2007年08月03日
 ■ 道具の美学 「紫檀の罫引き」

昨年ご紹介した究極の商品がやっと入荷しました。

石州左官の名工 品川清志氏 作 「紫檀の罫引き」 です。

200708031.JPG

見ただけでは、これは何だ? と思われる方もいらっしゃるでしょう。

罰引きとは、壁などのチリ際の木に塗厚を決めるための線を引く道具です。
特に厚く塗る場合には重要な役目をします。

200708033.JPG

作者の品川清志氏は、現在兵庫県加古川市在住の品川兄弟のお兄さんで、
一級左官技能士、職業訓練指導員、施工管理者と幅広く活躍されています。

手先の器用さは天下一品!
本体からステンレスの止め金まで、全て手作りの究極の罫引きです。
良い職人さんに良い道具。
だから素晴らしい仕事が出来るのですね。

200708035.JPG

見ているだけでうっとりする、実際に使うのがもったいないような
美しい出来映えです。
装飾品として飾って置くのも良いですね。

200708037.JPG

このように線を引きます。
柱などを傷つけずにキッチリと角出しが出来ます。

その他、品川兄弟が作る漆喰押さえ鏝など数々の素晴らしい道具は、
高度な技術力と卓越した塗り壁仕事から生み出される作品で、
真剣に仕事に取り組む結果の産物です。

どれもが最高の仕上がりを約束する逸品です。
良い道具を皆さんに広めてくれる品川氏は左官の誇りです。

現在2個のみの入荷となっております。
是非弊社で手に取ってご覧下さい。

投稿時間 : 16:18 個別ページ表示