« 2011年03月 | メイン | 2011年05月 »

2011年04月28日
 ■ 「田中誠二郎様」 御逝去を悼む

平成23年4月21日 田中石灰工業株式会社 
会長 田中誠二郎様が享年76才で御逝去されました。

大変お世話になった田中会長のあまりにも突然の訃報に言葉もありません。
未だに信じがたい悲しいお知らせです。

エネルギッシュな普段のお姿から、病気とは無縁の田中会長だと
思っていました。
3年ほど前から闘病生活を送られていたそうです。
ご家族の懸命な看病と、ご自身の持つ強い気力で壮絶に病気と
闘っていることを、誰にも知らせず悟られないように日々を過ごされて
いたそうです。
電話やメールでもそんなご様子を微塵も感じさせないご対応でした。
何とも辛いお話です。

4月24日・25日の御葬儀には、全国から大変多くの政財界のお歴々が
田中会長との最後のお別れにご参列されていました。
生前の公私に渡る大いなるご活躍が偲ばれる荘厳な御葬儀でした。
皆様が突然のご逝去に驚きの言葉を発せられていました。

ご葬儀しめくくりの、ご長男 田中克也社長の気丈にもご立派なご挨拶の中で、
病に苦しむお父様の忘れられないお話をご披露されました。
「お世話になった病院のスタッフの皆さんに、ほとんどの患者さんは
病気に悩み苦しみ、ヤケを起こして家族や人に当たったり困らせたりするのに、
田中様はそのような言動は一切無く、静かに我慢強く病と闘っておられましたと
言われました。
良く頑張った父親を褒めてあげたいと思います。」
無念さ溢れるそのお言葉に、悲しみは如何ばかりかと察するばかりです。

語り尽くせないほどお世話になった田中会長との、
楽しかった一コマをご紹介させていただきます。

2011042600.JPG

2005年秋、南イタリアを石灰文化の研修の為、レンタカーで巡った時の
スナップです。
カプリ島に向かう船のデッキでの一枚。
イタリアがとても似合うダンディーな田中会長です。

2011042601.JPG

アルベロベッロの街を調査しました。

2011042602.JPG

まるで御伽の国の世界にカメラのシャッターを切りまくる田中会長でした。

2011042603.JPG

石灰製造メーカー MINERMIX社を訪ね情報交換が行われました。
田中石灰工業の訪問をとても喜ばれ大歓迎の中での楽しい
勉強会となりました。 
イタリアの人々は皆とても気さくで明るいんです。

2011042604.JPG

代表者同士の意見交換は次元の高いもので、専門用語の応酬に
メモ書きが追いつかない状態です。
通訳の柏木氏もご苦労されていました。

2011042605.JPG

田中会長、故濱田氏とのチームワークもよろしく活発なやりとりで、
お互いの工場について、その特徴や能力、製造技術のノウハウなど、
時間をかけて話し合い、今後も情報交換を行っていくことを約束して
閉会となりました。
会議終了後田中会長は、田中石灰工業の技術レベルの高さを
再認識したと語っておられました。
良いものつくりの誠心は世界共通のようです。

2011042606.JPG

工事現場を見れば直ぐさま足を踏み入れ、材料のチェック!
職人さんに声を掛け施工の具合など聞き込みをする田中会長です。

2011042607.JPG

カステル・デル・モンテでは、石灰石建造物の素晴らしさに感激された様子で、
時間をかけて調べておられました。

2011042608.JPG

道すがら、子供達を見かければ声をかけて日伊文化交流を図ります。

2011042609.JPG

そして一番のお楽しみは食事タイムです♪
健啖家の田中会長も美味しい食事とワインで笑顔全開!
全日程での朝・昼・夕食の全てが笑いに溢れ楽しさ溢れるパーフェクトな、
時間を過ごしたのでした。

2011042610.JPG

青の洞窟のあるカプリ島に向かう船上での一枚です。

2011042611.JPG

あれれ、いつの間にか船舶免許を持つ田中会長が代わって操縦!
船長も脱帽のテクニックで洞窟入り口まで快適なクルージングです。
そのお陰か小さなボートに乗り換えた後、青の洞窟も1回で進入成功。
もの凄く綺麗な青い光を放つ洞窟内を満喫出来ました。

2011042612.JPG

国内では、
軟式テニス全国制覇、ゴルフは黒潮カントリー クラブチャンピョンと、
その他何をやっても一流プレーヤーの田中会長ですが、
フィッシングも本格派で、釣り上げたカツオやいなだを送っていただきました。

ある夏の晴れた日にプライベートボート(自家用漁船)に乗せていただきました。

2011042613.JPG

いや〜 カッコイイ 海の男です。

2011042614.JPG

桂浜の周りをぶっ飛ばしてくれました。
早く走れるようエンジンを積み替えたそうです。
どこまでやるの会長、と思わず言った記憶があります。

2011042615.JPG

あらゆる公式の場でも大変なご活躍ぶりでした。
これは、日本漆喰協会の作品賞表彰式で、会長として
賞を授与された時の様子です。
特に土佐漆喰に込めた思いは強く、その発展に向けたご尽力、ご功績は
語り継がれることでしょう。

2011042616.JPG

田中石灰工業の女子社員の皆さんとのスナップです。
社員皆さんに好かれる、いつも元気な会長でした。

2011042617.JPG

職人さんとのお付き合いも深い深いつながりを持っておられました。
石灰、漆喰の製造技術や品質管理に職人さんの意見を取り入れ、
良い製品作りに励んでおられました。

2011042618.JPG

最後に、私の一番のお気に入りのワンショットです。
カプリ島のバルでジェラートを楽しむ田中会長です。
どうですかこの笑顔。

田中会長様には家内共々、公私に渡り大変お世話になりました。
石灰を通して語り尽くせないほど沢山のことをご指導いただきました。
そして何事にも常に前向きなオーナーの姿勢と行動力を拝見していて、
どれほど感動とエネルギーをいただいたことか。
田中会長様なくして、今日の私と会社はなかったと思います。
良き師匠としてお導きいただきましたこと、心から感謝申し上げます。
ご意志を引き継ぎ漆喰の普及のため精進してまいります。
どうか今後も天国から見守っていて下さい。

もう一度一緒にイタリアへ行けることを楽しみにしていたのですが・・・。
田中誠二郎様 ありがとうございました。
ご家族の皆様にお悔やみを申し上げますと共に、
心よりご冥福をお祈り申し上げます。

投稿時間 : 16:19 個別ページ表示

2011年04月16日
 ■ 横浜野毛 第一亭

2月11日祝日の昼下がり、
横浜桜木町駅改札口に建材屋仲間の飲兵衛探偵団が集結、
野毛、日ノ出町一杯ツアーをやっちゃいました。
一軒目は先日紹介した福田フライで軽〜く一呑みしてから、
次に目指すはホルモン中華「第一亭」です。
いざ突撃!

2011031001.JPG

着きました、これが噂の第一亭です。
横浜は中華街が有名ですが、野毛、日ノ出町エリアにも
隠れた名店があるのです。
大好きな昔ながらの街の中華屋さんスタイルですね。
13時ごろ店内は満席で予約を入れておいて大正解。

2011031002.JPG

先ずは飲み物を注文。
ビール、ウーロンハイ、紹興酒お燗と呑む気満々状態です。

2011031003.JPG

お店の雰囲気も活気があっていいですね。
はやる気持ちを抑えてじっくりとメニューを眺めます。

2011031004.JPG

入り口のガラスに貼り付けてある定番人気メニューからお願いしましょう。

2011031005.JPG

チート(ガツ)のしょうが炒めをいただきます。
強い火力で炎を高らかに上げて炒めています。
しょうが風味をガッツリと効かせ、とろみを付けて塩味で仕上げてあります。
チートの柔らかい歯応えと絶妙な味付けでとっても旨い!
中華店ならではの料理の技を感じさせる、初体験の美味しさに出会いました。

2011031006.JPG

新鮮牛レバ刺しです。
ゴマ油の香ばしさが香る醤油ダレで、
レバーの甘みと相まって実に美味しいです。

2011031007.JPG

ホルモン炒めです。
ネギと一緒に甘めの味噌で炒めてあり、コリコリの食感で、
これまたお酒がすすむ一品です。

2011031008.JPG

かしらも注文しました。
これはしっかりとお肉という感じで、添えられたお味噌を付けて
いただきます。噛めば噛むほどかしら部分の脂身と肉の旨みが
溢れてくる美味しさです。

2011031009.JPG

このへんで野菜もいただきましょう。ニンニクの効いた青菜炒めです。
さっと火が通った、さっぱりとした青菜の美味しさを充分に味わえる
一皿です。

2011031010.JPG

そしてこれが一番のお目当て、裏メニューの一品「パタン」です。
一皿しか頼まなくてもスープは人数分だしてくれます。

2011031011.JPG

何でパタンと言うかは分かりませんが、つるつるの麺を塩ダレであえて、、
その上にミジンに切ったニンニクとネギが掛かっているシンプルなものです。
全体を掻き混ぜて一口頬張れば、麺の旨さとかなり強烈なニンニクとの
相性は最高! 本気で美味しいです!!
つけ麺のようにスープに付けて食べてもいいのでしょうか?
むむっ もしかして本来の食べ方はそっちか!?
でも、付けて食べてる人は居ないようですね。
麺とは言えお酒のつまみにバッチリの逸品です。
さり気なく見えるが奥深い一皿に、第一亭の実力を見た気がしました。
さらに注文は続き、思い切り美味しい料理とお酒を楽しんだ第一亭でした。

そして・・・性懲りもなく飲兵衛探偵団は次のお店に向かうのでした。

投稿時間 : 09:07 個別ページ表示

2011年04月12日
 ■ 植田モデル 糊土鏝

次々に新しい左官鏝を世に送り出す 株式会社 カネシカ の、 
植田モデル 現代風 糊土鏝 が入荷しました。

201104121.JPG

漆喰鏝に続き、植田俊彦氏がこだわりをもって開発したモデルで,

本焼き なで鏝と柳刃鏝、キメクリ鏝も揃えての販売です.

201104122.JPG

なで鏝 本焼きは、
背筋の先端部分を扇形することにより、強度と安定性を高め、
最適なしなりにこだわり、レーザースリット加工を施しています。
腰の強さに加え、仕上げに必要な繊細なしなりを実現しました。

ハイレベルな精度で 仕上げ、波消しに抜群の性能を発揮する逸品です。
弊社店頭で好評発売中、皆様も是非お試し下さい。

投稿時間 : 18:02 個別ページ表示

2011年04月06日
 ■ 左官革新の会 IN 滋賀

3月27・28日に滋賀県 土と竹の国 
近江八幡、彦根、多賀に於いて、
毎年恒例のビックイベント 左官勇士の会 改め、
今回、江州左官 土舟 小林隆男氏が幹事企画する、
「左官革新の会」 が開催されました。

2011033101.jpg

27日に全国のカリスマ左官が集結したのは、
財団法人 近江商人郷土館 です。
江戸時代に日本全国で活躍した近江商人 小林家の
後世に残る功績を充分に知る事が出来る素晴らしい郷土館です。

2011033102.jpg

挾土秀平氏も到着。
全国からスーパースターが続々と登場です!

2011033103.jpg

この日に合わせたかのように見事に満開の郷土館中庭の梅の花です。

2011033104.jpg

そこへ小鳥も遊びに来てくれました。

2011033105.jpg

郷土館1階広間において最初のテーマ、
有限会社 竹松 田邊松司氏による 「竹の話し」 
の講演が行われました。

2011033106.jpg

滋賀県は全国でも他には類を見ない優良な竹の産地です。
地元で古くから竹材の各種製品を製造する田邊氏の
ここでしか聞けない竹への思いを込めたお話を伺いました。

竹の種類、性質、伐採の時期、小舞壁に適応させる技術、
虫食い対策、異常気象の影響等、竹を愛する匠の講話は
カリスマ左官の皆さんの知識として今後の仕事に大いに役立つ内容でした。

2011033107.jpg

その後、滋賀県が誇る究極の土、江州白土を使った大津壁の
体験会が行われました。
江州白の素晴らしさを確認する参加者です。
強者が生き生きする一時です。

2011033108.jpg

いつでもどこでも、鏝を握ると真剣本気モードの皆さんです。
京都 奥田信雄氏の迫力の鋭い視線と気合いで熱血左官魂が、
若い左官職人さんの心と体にびしびしと叩き込まれていきます。

2011033109.jpg

翌日28日は住友大阪セメント 滋賀鉱産蝓‖寝豺杙各發砲△襦
180万年前の火山灰、白土の地層を見学しました。

2011033110.jpg

これがその気が遠くなるような大昔の白土です。
その前に立ち、思わず手を合わせてしまいました!

2011033111.jpg

即、狙った獲物に飛びつくがのごとく、少量採取して土質をチェックします。
その結果は後日教えてもらうことにしましょう。
(注意:許可無く採取は出来ません)

2011033112.jpg

場所は変わって、その近郊にある宝(色土)の山へ向かいます。
露出した土肌の美しい色合いにビックリです。

2011033113.jpg

車を降りて皆さん一斉に山の上部へ登ります。

2011033114.jpg

山全体が正に色土なんですね。

2011033115.jpg

足下に目を向ければそこも綺麗なピンクや橙色の土です。

2011033116.jpg

早速、土を削り取り袋に入れてお持ち帰りです。

2011033117.jpg

久住章氏も手に取り土の良さを確かめます。

2011033118.jpg

新潟の宮沢喜市郎氏も白土の粘土質に関心することしきりです。

2011033119.jpg

土を採取している姿も絵になる皆さんです。

2011033120.jpg

京都 浅原雄三氏も白土の層を見つけて突撃です。

2011033121.jpg

植田俊彦氏も白土を見つけました。

2011033122.jpg

小沼充氏も土と戯れています。

左官を極める皆さんが、色土を見た時の何かに取り付かれたような滑稽な?
(失礼)行動は、その土の魅力を知る者、解る者だから自然と出る仕草なのですね。
見ている者まで幸せな豊かな気持になる春の運動会のような出来事でした。

2011033123.jpg

原田進氏と山本忠和氏も色土の世界で満面の笑みを浮かべての散策です。
ワイルドなご両人、何か収録中の映画のワンシーンのような雰囲気です。

2011033124.jpg

おや、鹿の足跡です。
何と愛らしい、そこは自然が溢れる色土の郷でした。

2011033125.jpg

それに比べて・・・どこでもかまわず突撃した結果、ご覧のとおり。
これは何方のお御足でしょうか?
ぬかるみにはまり込んだこの方を見て、誰かの「やった」と喜ぶ声が聞こえたような!?

2011033126.jpg

あっと言う間の2日間、江州の魅力たっぷりの土の世界に浸る事が出来ました。
小林隆男氏の故郷、氏の左官の技を育んだ地をやっと拝見することが出来て、
やはり左官の良い匂いがぷんぷんする粋な土処だなと実感しました。
「江州土舟」 の世界をもっともっと勉強したくなりました。

そしてこのまる2日間、これだけの強者が揃い誰もが熱く語る左官の物語を
たっぷりと聞かせていただきました。
止まるところを知らない究極の左官談議、どこまで奥深くどこまで続くのか!
そして、何と魅力的なのでしょう。
夢中で聞くうちに、左官の可能性は無限大であることをつくづく思い知った
2日間でした。

左官革新の会の皆様ありがとうございました。
小林隆男様、小舟様、田邊様、滋賀の皆様、本当にありがとうございました。
貴重な体験を今後に生かせるように精進してまいります。

追伸:この会では、東日本大震災についても話し合いが行われました。
    被災地の左官職人仲間に対する支援活動を行うことを打ち合わせ、
    早速持ち寄った道具類とカンパ資金を現地に届けることになりました。
    今後も復興に向けて支援活動を続けて参りますので、
    皆様のご協力をお願い致します。

投稿時間 : 22:50 個別ページ表示