« 2007年06月 | メイン | 2007年08月 »

2007年07月31日
 ■ 「 J´s GRILL 」のステーキ 東京 大好きなお店 目黒 

目黒駅を出て、権之助坂を山手通り方面に向かって200メートル
ほど行った左側にお気に入りの美味しいステーキ屋さんがあります。

2007072111.JPG

その名は 「 J´s GRILL 」 です。

プライムリブ ステーキが最高なんです。

2007072112.JPG

最初にいつも通りビールで乾杯。
出てくるお料理を待ちながらいただくビールは旨い〜!

2007072113.JPG

さあ、お料理が出てきました。
季節の焼野菜です。
焼くことで野菜の甘みが増しますね。
塩・サルサソース・バジルソースを好みで付けていただきます。

2007072114.JPG

生ハム、エビ、ホタテ、サーモン、ラタツゥユなどの前菜です。
かるくオリーブオイルがかけてあります。
メインのお肉に備えてさっぱりテーストで行きましょう。

2007072115.JPG

赤ワインをお願いして準備万端整いました。

2007072116.JPG

コロンビア クレスト カベルネ・ソービニオン は、
ブラックチェリーの余韻を長く楽しめるお肉料理に
ピッタリなワインです。

2007072117.JPG

お待ちかね、プライムリブ ステーキの登場です。

見て下さい、この食欲をそそる色合いの素晴らしさ!

予約制で注文を受けるプライムリブ ステーキは、
国産高級リブロース肉を4時間手間ひま掛けてじっくりと
焼き上げた、とてもジューシーで温かい厚切りの
ローストビーフです。
ホースラディッシュと赤ワインソースでいただきます。

旨い!!

柔らかくて油分が程良く抜けた肉質は噛むと溶けるように
口の中で美味しく広がります。
ワインに合うの何のってこの瞬間を待っていました。

今回は200gでしたが、次回はもっと大きくても良いかも。
大きくカットされて出てきたプライムリブを見て、食べ切れないと
言っていた同席者もペロリとたいらげたのでした。

2007072118.JPG

デザートはシャーベットをいただきました。
まだ興奮状態の口の中をクールダウンしてくれます。

2007072119.JPG

オシャレなバーカウンターですね。
今度はあそこにしようかな・・・と思いつつフィニッシュになりました。

以前から何処かに美味しいプライムリブ ステーキのお店がないものか
探していたんです。
そして見付けたのが 「 J´s GRILL 」 です。
手を掛けて焼き上げるプライムリブの美味しさは、
忘れられないクセになる食感なんです。
改めてお肉って美味しいなって思える技ありの逸品です。
それでいて、お値段はお手頃価格で味わえるお薦めのお店です。

J´s GRILLの皆様、ご馳走様でした。
美味しいプライムリブ ステーキをありがとうございます。

投稿時間 : 15:39 個別ページ表示

2007年07月28日
 ■ (株)丸京石灰 フレスコ画 キット 新発売

画期的な夢のある商品が生まれました。

九州大分県津久見市の 株式会社丸京石灰 様がやってくれました。

手軽に本格的なフレスコ画を描ける 「フレスコ アート キット」 新発売!
 
200707281.JPG

何やら気持ちがわくわくする黒い箱。
どんな商品なのか期待感一杯で開けてみます。

200707282.JPG

思わず、可愛い〜と皆の声が上がります。
「フレスコ画専用ボード」 「石灰モルタル」 「顔料」
「マスキングテープ」 の4点セットです。

200707283.JPG

フレスコ画専用ボードです。
200弌滷横娃悪个離侫譽好害茲魄貪戮防舛韻襯汽ぅ困如
額縁には天然木材を使用しています。
ボードは鉱物性で不燃軽量、多孔質の新素材で、腐食せず適度な
吸水性を持つ、フレスコ画に持ってこいの素材です。

額縁の養生材、マスキングテープも付いてます。

200707284.JPG

綺麗な色の水で溶いて使う顔料です。
耐アルカリ性の有害性の少ない無機質の顔料でフレスコ画に最適です。

200707285.JPG

石灰モルタルです。
消石灰、寒水石、水をバランス良く調合した、ねり状の直ぐに塗れる
タイプです。
一袋でボード全体を丁度良い厚さに塗れるようになっています。

200707286.JPG

フレスコ アート キット マニュアルです。
キットの特徴、フレスコ画とは?から始まって、

200707287.JPG

ご覧のように、製作手順まで15ページにわたって丁寧に分かりやすく
解説されています。

フレスコ画とは、石灰で造ったモルタルの壁に描く絵の事で、
フレスコという言葉はイタリア語で、新鮮なとか爽やかなという意味です。
消石灰と骨材(砂)を混ぜた石灰モルタルを壁に塗り、生乾きの時に
水で溶いた顔料で絵を描きます。すると顔料が定着し、耐久性のある
フレスコ画となる訳です。

この様にフレスコ画の知識が無くても、このキットで体験出来ます。
何方にも楽しんでチャレンジして頂ける商品だと思います。
お子様の夏休みの研究課題にもピッタリですね。
将来のフレスコ画家が増えること間違いなしです!

価格 : 1セット 2.940円 +運賃630円 (北海道・沖縄 運賃1.300円)
           ※消費税別

お問い合わせは弊社までご連絡下さい。

(株)丸京石灰様、よくぞ造って下さいました。
石灰、漆喰の世界が新たな広がりを見せる事と思います。
いろいろな人がこのキットにより、実際に石灰の良さを実感することで
家造りにも大きな影響と夢を与えることでしょう。
お子様から大人まで楽しめる 「フレスコ アート キット」 は、
身近な良い家造りの第一歩! です。

200707288.JPG

じゃ〜ん!!
それでは究極のフレスコ画のお手本をご覧に入れましょう。

三鷹の森 ジブリ美術館 のフレスコ画作者で
壁画LABO主宰 大野 彩 先生の作品です。

鎌倉で開催された大野先生の個展でめぐり逢った感動の作品で、
先生の心が深く深く染み込んだ秀作です。

200707289.JPG

この作品の題名は 「ありがとう No1」
今までの創作活動でお世話になった方々への感謝の気持ちを
込めて描かれたそうです。
ご覧になりたい方は弊社までどうぞ。

さあ皆さん、フレスコ画にチャレンジの時が来ました。

2007072810.JPG

もっとフレスコ画を知りたいなら
岩波書店 「フレスコ画への招待」 著者 大野 彩
も合わせて弊社へご連絡下さい。

丸京石灰様、日頃のご指導に感謝申し上げます。
今後も知れば知るほど奥の深い世界へお導き下さい。
ありがとうございました。

投稿時間 : 10:08 個別ページ表示

2007年07月25日
 ■ 充実の 黒潮社 「左官教室」

皆様お馴染みの 黒潮社 「左官教室」 7月号のご案内です。

今回は、丹波篠山京壁講習会と
弊社で行われました久住章氏の江戸黒漆喰磨き講習会を
特集していただきました。

200707251.JPG

両講習会の施工手順や材料のレシピなど詳しく網羅されています。
手引き書と言える一冊です。
その他、塗り壁技術レポート、著名人による連載など、
編集者の小林澄夫氏、井手信寿氏によるこだわりの内容です。

弊社でも店頭販売しております。
是非皆様も一冊お手元にお持ち下さい。

投稿時間 : 08:28 個別ページ表示

2007年07月18日
 ■ 久住 章  鏝セミナー

7月15日(日) 突然の事ではありましたが、
カリスマ左官 久住 章氏 による、鏝セミナーが開催されました。

2007071521.JPG

5月に弊社で開催した久住氏による黒漆喰磨きの講習会で、
鏝についての説明があまり出来なかった事と、
皆さんにもっと鏝を知ってほしいとの熱い思いから、
わざわざ急遽お越し下さり、開催する事となりました。

2007071522.JPG

台風で雨の激しい中、弊社事務所内に入り切れないほど多く方に
お越し頂きました。

2007071523.JPG

熱心に聞き入る皆さんに、久住氏の声にも力がこもって来ます。
鏝の話だけで4時間にも及ぶ究極の解説はあまりにも内容が濃く、
ただただ久住章マジックに酔いしれていたのでした!

2007071524.JPG

冒頭に、土壁や漆喰壁の色々な仕上げによって、どの鏝を使ったら良いのか
分からない場合が多い。土・漆喰・モルタルを塗るのも鏝の種類を知り、
理解する事で仕事がとてもやり易くなる事を知ってほしいと、
図解による説明で始まりました。

2007071525.JPG

特に鏝表の形状と性能に付いては詳しく説明がありました。
材料に含まれる水と、鏝表の関係を分かりやすく解説。

2007071526.JPG

塗り付け時の鏝当たりの角度(立ち方)が理解できました。

2007071527.JPG

剣先と肩口の意味と使い方についての説明です。

2007071528.JPG

鏝後ろの理想的な形状と減り方の様子です。

2007071529.JPG

久住章氏の手作りチリハケです。
葦(よし)で出来たハケは最高に使いやすそうです。
毛先の手入れの仕方まで丁寧に教わりました。

2007071530.JPG

そして、土壁の場合における鏝の動きを実際にご披露頂きました。

2007071531.JPG

開催直前に用意した、ハンダ用中塗り土を30メッシュでふるい、硅砂6号と
大曾根金印粉つのまた、富士スサを斧で細かく叩いたものを配合した糊捏ね
仕上げ土の塗り付けを行いました。

華麗な鏝さばきに全員の目が釘付けです。
2回に分けて仕上げた面は鏝波無しの完璧な糊捏ね仕上げです。
あっと言う間の早業に思わずため息が出ました。

2007071532.JPG

最後に○○○の話!?  ではありません。

現在、実際に鉄を打って鏝を作る鏝鍛冶さんが三木市にも、
数える程しかいなくなってしまった事を危機感を持って報告されました。
この日は、三木市の鏝鍛冶で漆喰押さえ鏝を製作された五百蔵製作所の
五百蔵様と、弊社で毎月第3土曜日に開催している鏝サミットでお馴染みの
東京金広様にもお越し願い、いろいろとアドバイスを頂きました。
今後も、左官さん、鏝鍛冶さんと大いに意見交換をして頂き、
良い鏝を作って頂きたいと思います。

久住氏曰く
「鏝を作る職人さんがいなくなったら大変です。
皆さん鏝を沢山作ってもらい高くこうてやって下さい。
決して値切っては駄目です! そして良い仕事をしましょう。」

クゥ〜 良いこと言ってくれました!!
この様に久住氏は左官業界皆の応援団長なのです。

久住氏のカリスマと言われる訳が、良く分かりました。
どれ程の経験と知識に裏付けられた世界なのか・・・。
聞けば聞くほど知れば知るほど日本、いや世界各国を飛び回り徹した試行錯誤の
結果つちかわれた久住ワールドなんです。
建築の日本史、世界史がそこにはあって、それらの良い所を蘇らせる伝道師。
どこまでの探求心と情熱があるのか・・・やはりカリスマなんです!
4時間ではとても足りない鏝の話でした。

突然ではありましたが、この度ご参加頂いた皆様、日左連理事の松本元意様、
東京金広様、五百蔵様、ありがとうございました。

久住 章様、ご多忙にもかかわらずお越し頂きました事、感謝の言葉もありません。
どうか今後も迷える子羊たちをお導き頂きますようお願い申し上げます。
声が出なくなるまでの左官愛と熱意のご講義に感謝します。
その素晴らしい笑顔に、もの凄い元気を頂きました。
ありがとうございます。

2007071533.JPG

朝方の台風による大雨は嘘のように上がりました。
これも久住マジック?
酔いしれた皆さんはすっかり傘の事を忘れていったのさ!

傘も売るか? (笑) 

投稿時間 : 14:12 個別ページ表示

2007年07月09日
 ■ 吉野石膏 東京YN会 研修会

7月4日(水) 吉野石膏株式会社様が最新技術情報を紹介する
吉野石膏虎ノ門ビルに於いて、東京YN会研修会を開催されました。

2007070401.JPG

テーマは現代左官事情で、
当日は販売店の営業マンを中心に約50名の参加者を得て行われ、
1日かけての研修を全員が熱心に受けられていました。

2007070402.JPG

講師は、鈴木建塗工業(株) 鈴木 光氏です。

鈴木先生は本来の左官業を営みながら、工学修士・一級建築士の資格を活かし、
左官技術の発展と普及に尽力される、業界にとって強〜い味方なのです。
現在、日本左官業組合連合会の理事や他の役職も歴任され、
多数の執筆活動もこなすカリスマ左官です。

午前中の講義では左官の特徴から始まり、日本壁、左官道具、鏝の力学、
壁面劣化のメカニズム、JASS15の改訂など、時間をかけて基本的なことから
じっくりと講義が行われました。
この様に、いろいろな鏝を手に取ってその名前と使い方も教えてくれました。
鈴木先生の解説はとても分かりやすく、また聴く者を引きつける魅力ある内容で
改めて左官の良さを知り、即、営業活動にプラスになるお話でした。

2007070403.JPG

そして、午後からは実習の講義です。

ここからは、鈴木先生が実際に鏝を持って扱いかたの指導に入ります。
先ずは鏝返しからで、鏝板に乗った材料を鏝表にすっと乗せる基本技から
のスタートです。

2007070404.JPG

ところでいつも思うのですが、この吉野石膏虎ノ門ビルは、
このビル街にありながら、建物まるまる全部を使って大きい講習会場や
商品展示ショウルーム、他充実した設備を備えています。
そして圧巻なのは、地下にこんな実習や試験塗が出来る広い会場があるなんて
とても信じられません。
ただただ驚くばかりです!
吉野石膏(株)様は本当に凄い会社とつくづく感心します。

2007070405.JPG

さあ、鈴木先生が塗り始めました。
全員が注目です。

2007070406.JPG

散々鳴らした腕の見せ所!
参加者の皆さんも、この様に間近に鏝技を見ることは滅多に無いのでは?
入隅、出隅の塗り付けなど真剣に見学します。

2007070407.JPG

吉野石膏(株)の技術スタッフによる、「ケンコート」 の説明です。

2007070408.JPG

こちらは、新製品 「ケンコート スィン」 です。
両方とも珪藻土を配合した調湿性能の高い健康内装材です。

2007070409.JPG

鈴木先生ご自身で材料の塩梅を確認します。
ケンコートの方が入っている骨材が大きく厚めに塗り付け、
ケンコート スィンは小さい骨材なので薄めに塗り付けるよう指導されていました。

2007070410.JPG

商品開発スタッフの方々に材料についてのアドバイスもされていました。
貴重な意見にスタッフがうなずくことしきりです。

2007070411.JPG

さあ、皆さんもいよいよ塗り付け開始です。
教わった鏝返しのテクニックを使ってチャレンジです。
鈴木先生の華麗な技につられて、ほとんどの参加者が鏝を握って
体験されていました。

時間がとても短く感じた一日でした。
充実した内容に熱心に受講された参加者皆さんの満足の
笑顔がとても印象的でした。

メーカー様の研修会としては今までの枠を超えた研修会であったと
思います。
とかく、自社製品の紹介とPRが主体となるケースが多い中、
左官の原点から勉強して塗り壁の良さを理解しようとする姿勢は、
素晴らしい事だと思います。
今の時代、我々にとって最も大事な勉強ではないでしょうか。
伝統的な左官工法と先人が生み出した技を知る事により、
現代の豊富な商品情報と合わせて良い商品を自身をもってお客様に
お薦めする事が出来るのだと思います。
我々販売店が営業活動をする為には絶対に必要不可欠な事です。
いかに今までが不勉強であったかを思い知った一日でした。
(生意気な事言ってすみません)

この講習会を企画していただいた吉野石膏(株)様、
講師の鈴木先生の熱い指導に心から感謝申し上げます。
教えていただいた事を今後の営業活動に活かせるよう
頑張ります。

次回の講習会も楽しみにしております。

ありがとうございました。

投稿時間 : 08:56 個別ページ表示

2007年07月03日
 ■ 紫陽花

渋谷区広尾で咲いている紫陽花です。

ここは、我ら建材業界の本丸でいつも大変お世話になっている
東京セメント建材協同組合」 のすぐ近くにある、
区立広尾小学校の正門です。

200707031.JPG

梅雨も半ば、この日は会議があり組合事務所に向かう途中
このたわわに咲く紫陽花に思わず足を止めて見入ってしまいました。

200707032.JPG

美しい! 
なんて綺麗なんだろう。
この時期を代表する風物詩、紫陽花・・・。
この彩りが梅雨時のうっとうしさを払ってくれました。

200707033.JPG

手毬のような紫陽花の色は、一雨降るごとに色濃くなるそうです。
花言葉は 「移り気」 
う〜ん、 何か分かるような・・・。

時が経って益々美しくなっていくなんて良いですね。
紫陽花のような生き方をしたいものです。

投稿時間 : 10:09 個別ページ表示