« 2011年09月 | メイン | 2011年11月 »

2011年10月22日
 ■ 豆水楼 美味京都

ある晴れた日の京都、
昼下がりのお客様が少なくなり始めたころを狙って
久し振りに、豆腐の名店 豆水楼へお邪魔しました。

2011061001.JPG

木屋町本店です。

2011061002.JPG

鴨川を望むカウンター席へ案内されます。

2011061003.JPG

何故かとても馴染む豆水楼の文字。
お豆腐屋さんは数々あれど自分にとっては一番親しみの湧くお店なのです。

2011061004.JPG

ビールをいただき、歩き疲れた体に潤いを注入!

2011061005.JPG

来ました豆水楼名物の湯豆腐の桶です。
何てったって豆腐好きの人間にとっては、熱かろうが寒かろうが
一年中湯豆腐なのです。
暫くお待ち下さいと言われ覗きたくなるのを我慢我慢。

2011061006.JPG

その間に 「湯葉のぱりぱり揚」をいただきます。
サクッと揚がった湯葉は甘味があって柚子塩との相性バッチリです。

2011061007.JPG

やはりお酒が飲みたくなりますね。
暖かいお豆腐にキリリと冷えた日本酒、最高です。

2011061008.JPG

OKサインが出て桶の蓋を開ければ・・・。
ほんわりと上がる湯気の中に、わかめと遊ぶ美味しそうなお豆腐登場!

2011061009.JPG

豆水楼では、お豆腐の美味しさをしっかりと味わえるよう熱さを押さえた
適度な温度で提供されます。
一口頬張れば うん〜 なめらかで大豆の風味がしっかりと楽しめる
こだわりの逸品ですね。 
しみじみと味わう京豆腐のはんなりな世界です。

2011061010.JPG

帰りがけ、いつもの四条大橋です。
美味しいお豆腐とお酒でほろ酔い気分に浸っているところに、
鴨川の心地よい風が体をさするように通り過ぎて行きます。

ふと、豆腐が嫌いな人の顔が浮かびました!
何でこんなに美味しいものを・・・。
首を傾げながら京都駅に向かったのでした!!

投稿時間 : 15:07 個別ページ表示

2011年10月05日
 ■ 久住有生 富沢建材(株) 第8回 漆喰・土壁 技術講習会

平成23年10月2日(日) 富沢建材(株) 第8回 漆喰・土壁技術講習会が
久住有生氏をお迎えして開催されました。

2011100401.JPG

毎回雨に泣かされた講習会日、今回はどうにか降られないで済みそうです。

2011100402.jpg

いつもの様に会場に花を添えていただくのは、平成会の皆さんの粋な袢纏姿です。

2011100403.JPG

遠方の方を含め今回も150名様以上のご参加をいただきました。

2011100404.jpg

お題は「次世代左官への提案」
午前中は映像で久住氏の世界を股にかけて施工された数々の作品紹介と、
それにまつわる左官技術とデザイン力の重要性を語っていただきました。

2011100405.jpg

茶室を仕上げる際の繊細な感覚や、驚きの大きな磨きの現場の対応、
概念に捕らわれない塗り壁の世界など、初めて見て聞く世界です。

2011100406.jpg

伝統技法に基づく左官の技を生かすためには、デザイン力も問われると説きます。
各現場でのお施主様の求める壁をどれだけ上質に自然に表現出来るか。
作り上げられたカリスマ的な心技体を全てぶつけて取り組む姿勢が伝わって来ます。
世界にはまだまだ知らないことが沢山あり、何でも積極的にチャレンジして来た
自分の過去を振り返り、今後も皆さんと一緒に考え、鍛え、素晴らしい次世代の
左官を造って行こうと訴えました。

2011100407.jpg

どうですか、この皆さんの集中して真剣に聞く様子!
若くしてこれだけ左官を熱く語る久住氏に受講者の心は釘付けです。

2011100408.jpg

休憩時には、東京金広様、梶原鏝製作所様、スギタ様、関忠様の、
各鏝屋さんのブースを参加者が取り囲み品定めで盛り上がります。

2011100409.jpg

これだけの鏝が揃うのもこの講習会の魅力です。
極みの逸品も数多く並んでいます。

2011100410.jpg

午後からは実技が行われました。
手にするのは久住有生氏オリジナル デザイン磨き壁です。
これを後ろの中塗り土を塗り付けた4.5m×1.8mの壁面2枚に
施工しようと言うのです。
久住氏の指示で現場と同じスケールで皆さんにも施工を体験していただく為、
平成会の皆さんに作ってもらいました。

2011100411.jpg

先ずはデザインのコンペを行います。
全員に配られた紙に好きに思いつくデザインを描き込みます。
それを舞台の上に広げ、皆で順番にお気に入りにチェックをしていきます。

2011100412.jpg

そして、チェックの多い2枚を選抜して、その作者にデザインを壁面に
描き込んでもらいます。

2011100413.jpg

成る程、どちらも選ばれるだけのことはある素晴らしいデザインです。

2011100414.jpg

次に何が起こるのか皆さん興味深々です。

すると久住氏が細かい刃の付いたノコギリの替え刃を取り出します。
1儷劼剖眄擇螢魯汽澆撚に切り何枚かの刃付きのチップを作りました。

2011100415jpg

それを指で摘んでラインに沿って土中塗り壁を削って溝を付けていくのです。

2011100416.jpg

意外と簡単に溝が掘れていきますね。
皆さん楽しそうにガリガリと手を動かしています。

2011100417.jpg

そこへ今度は磨きノロの塗り付けです。

2011100418.jpg

ノロ材料の作り方を説明します。
タナクリーム#100に、顔料の弁柄やバイエル山吹Aなど調合して、
赤系のノロと黄色のノロを作りました。

2011100419.jpg

ノロの塗り付け開始です。
あまり厚く付け過ぎないように塗り付け方を指導する久住氏です。

2011100420.jpg

鏝の当て具合など、技術的テクニックも伝授する久住氏です。

2011100421.jpg

自らお手本の披露です。

2011100422.jpg

鏝をくるりと廻し、縦横スウーっと素早く操る立ち姿は素晴らしくカッコイイ!
誰もが憧れるカリスマ左官職人です!!

2011100423.jpg

鏝当たりの音が段々乾いたシャーっと言う音に変わって来ました。
いよいよ最終段階で輝きが出始めます。
教わって見ればこうして比較的簡単に磨きが掛けられるのですが・・・
でも、ここまでこの技を考え出すのが大変なんですね。

2011100424.JPG

興奮覚めやらぬ中、あっと言う間に講習会も終了の時が来ました。
講習中には多くの質疑応答があり充実した内容の講習会になりました。

最後は久住有生氏に感謝の気持を込め、
参加者を代表して、田村梢様(高校2年生)に、花束の贈呈をしていただきました。
実は梢ちゃん、卒業研究で土壁と左官のこと調べてくれてるお嬢様なのです。
調べている内容のレベルが凄いんですこれが!
それこそ 「次世代左官」 にとって強〜い味方なのです。

2011100425.jpg

片付けも終わり、仕上がった作品をバックに記念撮影です。
弊社倉庫に色鮮やかな磨き壁が燦然と輝いています。

お陰様で久住有生氏の考え方、見方、こだわり、デザインのセンス、
そして、世界からカリスマとして注目を浴びながらも、その温厚で親しみを
感じる真摯な人柄が、ご参加いただいた皆様の心に爽やかに浸透し、
氏の姿がいつまでも心に残る得るものが大きい素晴らしい講習会になりました。
これは益々、有生ファンが増えますね。

久住有生様、奥様、お弟子様の皆様、
お忙しい中ご指導をいただき、本当にありがとうございました。

平成会の皆様様々なお手伝いをありがとうございました。

ご参加いただきました皆様ありがとうございました。
お陰様で盛り上げていただき無事に終了することが出来ました。

皆様に心より感謝申し上げます。
左官 万歳!

投稿時間 : 18:35 個別ページ表示