« 2009年04月 | メイン | 2009年06月 »

2009年05月27日
 ■ 富沢建材 第6回 漆喰・土壁 技術講習会

平成21年5月24日 
第6回 漆喰・土壁 技術講習会が開催されました。

どうした訳か今回もまた雨です。
しかしながら、全国から200人以上の熱心な方々にご参加いただき、
お陰様で雨を吹き飛ばす勢いの熱い講習会になりました。

2009052601.jpg

9時の受付前から鏝・道具・書籍の前には人が集まっています。

2009052602.jpg

テーマは、大津磨きと現代大津磨きです。
過去磨きのテーマは、土佐漆喰磨き、江戸黒磨き、伊勢磨きと
行ってきましたが、念願叶って大津を見せてもらう事になりました。

講師は、東京の小沼充氏、京都の山本忠和氏です。

2009052603.jpg

そして、今回は特別ゲストに久住章氏をお迎えし、随時小沼氏、山本氏の
作業工程を追いかけて分かり易く解説をしていただきました。

2009052604.jpg

小沼氏が仕上げた作品で、銀座 一草さんの沖縄土大津磨き壁の、
施工の写真も展示しました。

2009052605.jpg

さて、平成会会長の阿嶋氏のentertainerな司会で講習会開始です。

2009052606.jpg

灰土からの工程に合わせて、材料のレシピや、鏝の種類、その動かし方など
詳細に説明がなされていきます。
普段目にする事の無い、ワラスサの斧での叩き方、フルイ(箕)での分け方など、
実際に見なければ理解出来ない作業も演出してくれました。

小沼氏、山本氏両者が言葉のキャッチボールをしながらそれぞれのパネルに技を施し、
それを、久住氏がタイムリーに解説してくれます。
何と贅沢な事でしょう!

2009052607.jpg

時には互いの進行具合をチェックします。

2009052608.jpg

榎本新吉氏の愛弟子、小沼氏の代表的な仕事としては、東京芝の青松寺の
青の大津磨きの大壁と、座禅堂の赤の床現代大津磨きや、
沖縄県立博物館新館美術館、銀座 一草、その他多数の住宅、
店舗を仕上げられています。

2009052609.jpg

山本氏は若くして京都の伝統工法を継承し、京都の重要文化財
安楽壽院の漆喰壁や土塀、九州佐賀城の本丸御殿、
住宅では、UHA味覚糖やミキプルーンの社長宅など多くの現場を
手掛けられています。

2009052610.jpg

榎本新吉氏もお見えになり、若いご両人の技をじっくりと見ておられました。

2009052611.jpg

見学者も、工程が進むにつれて大津磨きの魅力に引き摺り込まれ、
小沼氏、山本氏の鏝さばきを真剣に見入っています。

2009052612.jpg

昼休みもご覧の通り、舞台周りは人が絶えません。

2009052613.jpg

次に現代大津のオブジェが登場しました。
石膏とタナクリーム砂漆喰で出来上がった下地に、

2009052614.jpg

現代大津のノロを刷毛で塗り付けます。
鏝を使わない局面であれ何であれ自由に磨ける技法のお披露目です。

2009052615.jpg

ノロを塗り終えた後、水の引き具合を見て軍手をはめて、
手の平で磨き込んでいきます。

2009052616.jpg

あれよあれよと言う間に光ってきました。
そして、磨き手はいつの間にか女性だけになっています。
現代大津の美しさ、面白さに会場も沸いています。

2009052617.jpg

盛り上がった講習会も終盤に入り、
挾土秀平氏に総評と大津磨きの美しさと難しさを語っていただきました。
そして、秀平氏の腕をもってしても何回も失敗しながら覚えた事も・・・。
奥が深いんです、大津磨きは!

2009052618.jpg

活発な質疑応答が交わされました。
材料について、鏝の動かし方、鏝の形状、実際の現場での対応、施工価格、
その他、終了時間を延長するほどの濃い内容でした。

2009052619.jpg

講習会もお陰様で無事終了しました。

2009052620.jpg

完成したオブジェは倉庫の2階へ引っ越しです。

2009052621.jpg

小沼氏、山本氏に仕上げていただいたパネルも、
美しい大津磨きらしい輝きを放って仲良く2階で並んでます。

2009052622.jpg

参加者の多くの皆さんの手を借りて、会場の後片付けも終わりました。
無事終了してほっとする瞬間です。
いつもながら皆さんの手際の良さに驚くばかりの私です。
不思議といつも片付けの時は雨が止むんですね、これが。。。

今回の講習会は分かり易かったというお声を沢山いただきました。
とても嬉しい評価です。

早い時期から小沼様、山本様にご準備いただきました。
弊社で扱う材料を使って試行錯誤を重ねた上で講習会に臨んで下さいました。
開催1ヵ月前には実際に京都の山本工業所様の事務所でご両人にリハーサルを
お願いし、その場に久住氏、植田氏、松木氏にも立会をいただきました。
良い評価をいただいたのも、これだけ心を込めて準備をして下さった結果だと思います。
素晴らしい左官愛溢れる出来事でした。

小沼充様
山本忠和様
お二人の左官職人としての心意気、お人柄に心底感動しました。
どれだけ感謝してもしきれません。
本当にありがとうございました。

久住様、挾土様、植田様、松木様、西川様
お忙しい時にもかかわらずお越しいただきましてありがとうございました。

平成会の皆様、いつもながら大きなお力をお貸しいただきありがとうございます。
本当に大きくて、強い、楽しい、左官力の凄い平成会の皆さんに感謝です。

そして、ご参加いただき盛り上げていただいた皆様に心からお礼を申し上げます。
ありがとうございました。

次回も皆様のお役に立てる講習会が出来るよう頑張ります。

※弊社に材料は揃っています。
 皆さんもチャレンジしてみませんか・・・大津磨き・現代大津磨き!

投稿時間 : 20:39 個別ページ表示

2009年05月20日
 ■ 挾土秀平 凄腕ニュース

第6回 漆喰・土壁 技術講習会 
5月24日(日)開催 富沢建材株式会社
詳しくは「富沢建材ホームページ 新着情報」 をご覧下さい。

我らの挾土秀平氏に思わぬところでお目に掛かりました。

2009052001.JPG

地下鉄丸の内線 新宿駅改札近くの人が激しく行きかう地下通路です。

2009052002.JPG

人の流れに乗って歩いていると・・・。

2009052003.JPG

あれっ! 

2009052004.JPG

あれれれっ!!

秀平さんだ。

凄腕。
左官職人
挾土秀平。
わかる。 水が違う。

何てカッコイイんだ。
我らの左官職人 秀平さんが焼酎のコマーシャルに登場。
ここ以外にも、36ヵ所で人の目と心を奪っています。

どこまで進化するのか高山の孫悟空&矢沢永吉 挾土秀平 
※「月刊左官 左官西遊記」 氏の書下ろし 連載中

益々のご活躍をお祈りしております。

弊社の講習会にもお越し頂ける予定です!

投稿時間 : 18:39 個別ページ表示

2009年05月19日
 ■ 講習会準備

第6回 土壁・漆喰 技術講習会はいよいよ今週の日曜日(24日)に
迫って参りました。
5月2日(土)と17日(日)に講師の小沼氏と平成会の木村氏、山口氏、細井氏に、
当日使用するパネルやオブジェの制作をお願いしました。

2009051801.JPG

大津磨き用のパネルに心を込めてハンダ下塗りと中塗土で中塗を施す
小沼氏です。

2009051802.JPG

現代大津で仕上げるオブジェです。
芯材をスタイロフォームで作り、石膏で下塗り、中塗をしました。

2009051803.JPG

どちらもどんな仕上がりになるのか楽しみです。
準備も最終段階に入りスパートをかけています。。
お陰様で、お申込も定員を上回り緊張感が高まるばかりです。

当日の皆様のお越しを心からお待ち申し上げております。

投稿時間 : 13:36 個別ページ表示

2009年05月13日
 ■ 餃子の美味しいお店 中国酒家 「獏」 高田馬場店

第6回 漆喰・土壁 技術講習会 好評受付中
5月24日(日)開催 富沢建材株式会社
詳しくは「富沢建材ホームページ 新着情報」 をご覧下さい。
定員間近ですが、まだ若干お申込み頂けます。
ご希望の方は早めにお願い致します。

皆様を美味しい餃子の世界へご案内致します。

2009051201.JPG

そのお店は高田馬場駅前のビル地下1階にあります。
某有名グルメ雑誌で、東京の餃子のお店100選の中の1番目に
紹介された 中国酒家「獏」です。

2009051202.JPG

餃子と言えばビールです。
ハートランドの澄んだ美味しさが餃子と相性バッチリに違いありません。

2009051203.JPG

前菜にお願いしたのはジャガイモとピーマンの炒め物です。
さっぱり塩味で細切りジャガイモのシャキシャキ感が素晴らしく美味しいです。

2009051204.JPG

さて、お目当ての餃子です。
最初は焼き餃子から頂きます。

2009051205.JPG


黒酢と刻み生姜をつけて、
良い色に焼き上がった熱々をカリッとほうばると、肉汁が溢れ出て来ます。
火傷しそうになりながら皮と餡のコラボを充分に味わい、ビールを流し込む・・・。
うっ旨い!!

2009051206.JPG

次に水餃子をいただきます。

2009051207.JPG

こちらはモッチリとした皮で包まれた、まるで小龍包のような餃子です。
やはり旨味の詰まった肉汁が溢れ出る逸品です。
餃子ってこんなに美味しかったんだと、たまらなく思い知ったのです。

2009051208.JPG

旨い旨いの連呼で、ビールが進みます。
本当に、餃子とビールの相性は最高です。

2009051209.JPG

餃子を充分に楽しんだ後は締めの酸辣湯麺を頼みます。

具沢山の栄養と辛さが満点の一品です。
私、風邪気味の時は必ず食します。
下手な風邪薬より効きますよ本当に!

2009051210.JPG

食材の旨味を活かした酸味と火の出るような辛さが凄いです。
爆発的に吹き出る汗を拭いながら夢中で酸辣湯麺を食す姿は、
まるで格闘技K−1の闘いのようになっていると思います。

「獏」の餃子とビールと酸辣湯麺にすっかりKOされました!
気持のいい酔い心地と満腹感で幸せな一時です。

中国酒家「獏」高田馬場店のどのメニューも技ありの美味しさです。
そして、スタッフの皆さんの活気のある接客で楽しく美味しく過ごす事が出来ました。
今度は紹興酒で創作餃子もチャレンジします。

謝謝!!

投稿時間 : 12:44 個別ページ表示

2009年05月06日
 ■ 小林澄夫 左官礼賛供崚イ班景」

小林澄夫氏が左官のバイブル第2弾 左官礼賛兇鮟佝任気譴泙靴拭

200905041.JPG

小林氏の記憶、耳にした音、見た風景、出会った人、巡った地を、
そして左官への歌を詠むことが出来ます。
心地良く、時には厳しくも受け取れる左官への小林氏の思いを、
しっかりと深く受け取れるバイブルです。

左官職人技復活の時代到来!
弊社お薦めの一冊です。

投稿時間 : 12:35 個別ページ表示