« 2006年10月 | メイン | 2006年12月 »

2006年11月29日
 ■ 究極の 『現代大津磨き』

ここまで来たか!!

究極の大津磨きをご紹介します。
嬉しい事件でその作品を展示させて頂く事になりました!

200611281.JPG
(加賀左官伝統技術保存会主催 左官アートコンペティション入選作)

「アトリエ テラ 田村和也先生」 の作です。

作品は、伊勢型紙の友禅型を使い糊置きのように土を置き千石磨き
(現代大津磨き)で仕上げたものです。
土は沖縄伊良部赤土と具志川クチャを使っています。

先生談
現在伊勢型紙の染め物型はほとんど使われることが無くなり、
全国各地の蔵の中に眠っています。
伊勢白子でも型紙は売れなくなり、型彫り職人の技が消えかかっています。
このような状況の中、まずは古い型紙を使いインテリアに活かせないかと
考えました。
インテリアでは大量生産を前提としませんから、この方法がうまくいけば
型彫り職人の活路が幾分でも開けるのではないかと思っています。
千石磨きと組み合わせることにより、西洋のフレスコ技法にも劣らない
左官技術になると考えています。

ウ〜ン、奥が深いんですね。改めて勉強になりました。
この磨きの素晴らしさを、是非見て頂きたいと思います。
皆様のお越しをお待ちしております。


200611282.JPG

おまけのお話です。。。

この照る照る坊主が10月29日弊社技術講習会の日を
お天気にしてくれたのです。
前夜はザンザン雨が振っていて、手伝いに来ていた娘が作ってくれました。
いつも生意気なこと言ってますが優しいところもあるんです(涙)
小遣いをあげたのはナイショです・・・(甘)

投稿時間 : 08:08 個別ページ表示

2006年11月27日
 ■ 東京 赤羽橋 土蔵現場

東京タワーのすぐ近く、赤羽橋交差点の所にある妙定院で2棟の土蔵の新築が
行われています。左官施工はお馴染みの加藤左官工業様で、連絡を頂き早速
見学に行ってきました。

2006112701.JPG

現場に着いてみるとびっくりです。それは、まさに前回紹介した「どぞう」の絵本の
実況版なのです。またまた、写真が多いですがじっくりとご覧あれ。。。

2006112702.JPG

2006112703.JPG

2棟の内のがっちりと荒縄で縛りあげた竹木舞の棟です。荒縄を掴んでみると
まったく緩みのない結び目です。
どぞうの絵本の中では「大きなとりかごのよう」と書かれていました。

2006112704.JPG

こちらは半分荒壁を付け終わった木木舞の棟です。

2006112705.JPG

竹でほねを作る木舞と違って、木をほねにして荒縄を巻いてあります。
ほとんど同じ型のの土蔵で2通りの仕様は珍しいことです。

2006112706.JPG

2006112707.JPG

表からしっかりと塗り込められ木舞の間から荒壁土が盛り上がっています。

2006112708.JPG

これまた、絵本通りの荒壁土団子。
この土は、荒木田土に藁を混ぜ裏の敷地内で半年間寝かせたものだそうです。

2006112709.JPG

それに、さらに藁を混ぜ練り込み団子にします。団子にする訳は・・・。
色は写真以上に黒っぽくなっていました。

2006112710.JPG

団子の作り方は・・・遊んでいる訳ではありません。
直径20儖未梁腓さに揃えます。

2006112711.JPG

一個あたりかなり重いので大変な作業なんです。これがっ!

2006112712.JPG

そして、その団子を一個一個手渡しすると始まります。ショータイム♪

2006112713.JPG

ホイッ 上に放り投げるのです。

2006112714.JPG

そりゃ〜 とか、ヨイショ とか、ハイヨッ とか、投げる人は大変!
見ている方はとても楽しいです。(怒られる)

2006112715.JPG

初めて見る泥団子投球ショーに見入るばかり。
で、時々投げ損ねたり、受け損ねたりで大騒ぎ!祭りだ祭りだ状態です。

2006112716.JPG

上の足場では、真剣にキャッチしてます。
なにせ泥ですから微妙にソフトに受けなければなりません。
親方の加藤信吾様です。すべてにおいて熟練の技を発揮されます。
注目の瞬間です。

2006112717.JPG

ナイスキャッチの連続です。が、時にはごくまれに受け損ない・・・
泥爆弾と化すのでした。
結構被害は甚大で広範囲に泥破片が飛び散るのです。
それが、とっても楽しい。(また怒られるぞ)

2006112718.JPG

受け取った泥団子を塗り手に渡すと、

2006112719.JPG

どかっと木舞下地にぶつけるように付けていきます。
同じところにいくつも押しつけてかなりの厚みを取ります。
使う土の量は半端ではありません。体力も。

2006112720.JPG

厚い板を使って定木ずり。均一に馴らします。

2006112721.JPG

馴らした壁をすぐ追っかけ鏝で押さえ込んでいきます。
加藤専務さんです。
親方譲りの若くして土を使いこなす名工です。

2006112722.JPG

下げ降ろした荒縄を丁寧に伏せ込む作業です。
いつも思うのですが、モルタルでは感じられない優しい鏝使いなんです。
それも土の持つ魅力なのでしょう。
そして、「どぞう」の絵本の素晴らしさを更に実感したのでした。

加藤様と土と絵本に感謝をしながら、次回の作業を楽しみに待つ事にします。
ありがとうございました。

投稿時間 : 13:03 個別ページ表示

2006年11月24日
 ■ 「どぞう」 の絵本

18年1月に出版され、あっという間に完売になった絵本が増刷され発売出来る事になりました。

『どぞう』 土蔵作りの絵本
著者   村尾 佳州子
発行所  SABU出版
¥1,500

「おじさんたち なにしているの?」から始まる土蔵作りの絵本です。とにかく素晴らしい内容で何回開いても楽しくなります。子供向けの絵本かと思いきや中身が濃い技術解説書?
本物が何かを探る専門書とも言えるでしょう!!

1.JPG

表紙を見るだけでわくわくします。
内容の一部をご紹介しますと・・・

2.JPG

今ではなかなか見られない施工現場です。

3.JPG

現在使われている機械も登場してます。この辺が面白いところです。

作者はフレスコ画家でありながら左官の仕事もこなすスーパーウーマンです。
画家の感性が今まで表現出来なかった左官の真髄を見事に表してくれました。
是非弊社で手に取ってご覧下さい。

投稿時間 : 08:39 個別ページ表示

2006年11月18日
 ■ エコバウツアー 東京支部 飲み会

第10回 ドイツ・スイス エコバウツアー 東京支部の反省会が八丁堀「マル」で
行われました。

出席者は、加藤さん、富樫さん、稲田さん、藤原さん、宍戸さん、名幡さん、荻野さん、峰田さん、
冨澤+1で、そしてお忙しい中お越し頂いた池田社長さん、神戸より特別ゲストの五十嵐さんです。

200611171.JPG

冒頭、池田社長さんから、今年の流行語大賞の発表がありました。
「イナダバウアー」です・・・イナバウアーの稲田さんバージョンでしょうか?
反ってもらいましょう!

200611172.JPG

いきなりこの様な爆笑ムードで始まった反省会は終始反省する気配も無く、
盛り上り一方通行で走ったのでした。

200611173.JPG

乾杯!って、何回やるんだ状態です!!

200611174.JPG

稲田さん、若者に挟まれてエンジン全開です。
そろそろ出るのでしょうかイナダバウアーの華麗な演技♥

200611175.JPG

好きそうな?加藤さんと宍戸さんです。

200611176.JPG

五十嵐さんを囲んで。
今回、「五十嵐さんが来ます」と言ったら皆集まっちゃたのです。
彼女の人柄の表れですね。

ワインにも囲まれてこんな笑顔になりました。

200611177.JPG

ところで、峰君はと言うと。
いつもの笑顔で皆を癒していました。

200611178.JPG

マジメな顔でワインを飲んでいます。
知り合ってから初めて見る顔です。

楽しい時間はあっという間に過ぎてしまいました。
池田社長さんの少年のような笑顔もたっぷりご馳走になり、
まるでドイツに居るような楽しい集いは閉会となりました。

皆さんありがとうございました。
また、お目に掛かれる日を楽しみにしています。

池田社長様、写真が無くてスミマセン。

投稿時間 : 08:42 個別ページ表示

2006年11月14日
 ■ 峰が行く!

新聞記者の仕事をご紹介します。

新建新聞社の峰田慎二記者です。
以前、弊社に取材に来て頂いたのがお付き合いの始まりです。
そしてこの秋、ドイツ・スイス エコバウツアーに同行して頂きました。
その取材振りをご紹介しましょう。

「峰が行く!」 写真集

200611151.JPG

いつも笑顔の峰田さん、ドイツでの足取りも軽やかです。

200611152.JPG

さっそうと現場へ乗り込む姿は獲物を前にした野獣・・・。

200611153.JPG

人の後ろにいても獲物はきっちり狙います!
ニコンのカメラを自在に操り、自慢の腕の見せ所です。

200611154.JPG

室内でも、

200611155.JPG

屋外でも、
カメラを構える姿はいつもしっかりした同じスタンスで、安定した構えはプロの
証! いつの間にか峰田記者の追っかけになっていました。

200611156.JPG

200611157.JPG

聞き込みも、相手がドイツ人やスイス人であろうが、英語を駆使して
鋭い突っ込みでインタビューしていたのは印象的でした。

200611158.JPG

エコ施設のオブジェも、彼の活躍に 「OK」 とサインを出していました。

記者は大変です。
撮影も聞き込みもチャンスを逃せません。
素人目から見ても緊張の連続だろうなとつくづく思いました。
でも、笑顔を忘れず頑張っている峰田さんはカッコイイです!
(最近は私がカメラを向けると逃げるのは何故??)

200611159.JPG


今日も地球の何処かで取材中 「峰が行く〜!」

帰国後、弊社の技術講習会にも取材に来てくれました。
いつも身近にいてくれる峰田記者です。

投稿時間 : 21:27 個別ページ表示

2006年11月12日
 ■ 「マル」 東京 大好きなお店  八丁堀

『 スタンドバー  マル  1F 』 
『 マル  2F 』
『 マル  3F 』

初めて伺ったのは5年位前で、以来本気で全てに惚れ込んでいるお店です。

八丁堀にあるそのお店は、外から見た感じは普通のお酒を売っている酒屋さん
(宮田屋酒店)です。
ところが店の左側奥はラテンの音楽で盛り上がっているスタンディングバー!
その熱気はハンパじゃないインターナショナルな世界で、まるでイタリアか
スペインかメキシコのバールそのもの・・・実はここがスタンドバーの火付け役
のお店なんです。 

中に入ろうとすると元気でチャーミングなお嬢様方の、
「いらしゃいませぇ〜 奥へどうぞぉ〜♪」 の嬉しくなるご案内。
今宵はすごく楽しくなりそうな予感がしたのは私だけでしょうか。

店内をよく見ると、
その頃はまだ珍しいパルマ産の生ハム丸ごとのブロックと、
パルミジャーノレジャーノのチーズがこれも大きいワンホールそのまま
置いてあって、その場でカットして出してくれるではありませんか。
酒店から+500円で持ち込み可能なワインを飲みながらパンと
一緒に感激しながら頂きました。
その他、品数豊富な食べ物も飲み物も本格派ですが、リーズナブルな
価格にフトコロ具合も時間も気にせず夜は更けていったのです。
200612131.JPG

お店一階の正面です。

いつも賑わっているこのお店の凄いところは進化し続けている事です。
同店ビルの2Fに2年前、3Fに今年とそれぞれ趣の違うお店をオープンしました。
これまた良い感じのお店でお連れした友人はすべてノックアウト!

今回は2Fで楽しんで頂きましょう。

32.JPG

最初はソムリエあさ子さんお薦めのシャンパン 「ランソン ブラックラベル」
で乾杯です。
ピノノワール50%のリッチでありながらフレッシュなブドウの風味が
広がる爽快な感じのするシャンパンです。

スタッフの皆さんは熱心にシャンパンやワインの勉強をしているんですね。
いつもどれにしようか相談にのってもらいます。

33.JPG

メニューの一部です。
2Fのフロアーはカウンターとテーブル席があり入り口横にはセミオープンキッチン。 
そして店内中央にはなんと炭火の炉があるんです。お肉や旬の魚、野菜など
築地で仕入れた新鮮な食材を、焼き場担当のアトム君とオーナー弘一郎さんの
父君であるマッチョの父さんが美味しく焼いてくれます。

34.JPG

和牛のカルパッチョです。ボリュウム満点ですが美味しいので瞬間的に
無くなります。

この前に珍味オクラのピクルスを頂きました。
写真を撮るのを忘れて食べてしまったのは秘密です。

35.JPG

大好物のアスパラのグリエールソースです。お皿は触るとやけどする熱さで
出してくれます。トロトロチーズを長く楽しめるよう嬉しい配慮です。
フランスパンにのせてフウフウしながら食べる瞬間が癖になります。

36.JPG

「クレソンの気持ち」 サラダです。
アボガドとモヤシとバルサミコソース?の相性がいいです。
食べながらクレソンの気持ちを一生懸命考えてみました。
きっと、アボガドとモヤシと一緒にいられるのが嬉しいんだろうなって思いました。
この美味しい縁結びは裕次郎シェフでしょうか?

37.JPG

ワインをお願いしましょう。
ソムリエあさ子さんに選んで頂きました。
ボルドー 「ムーラン・ディッサン」 です。
マルゴAC 第3級格付けのグラン・クリュで、カベルネソービニオンの
比率が高いのですがマルゴーの特徴であるしなやかでふくよかな
風味を出しています。

38.JPG

次は炭焼きの炉で松茸を焼いて頂きました。美味しい!
香りといい味といい、秋が来たんだなとしみじみ味わいました。

39.JPG

満願寺唐辛子です。
大きく色型の良い甘味のある爽やかな一品でした。焼き方も最高です。
実は、写真を撮る前にいくつかかじってしまいました。

40.JPG

生ハム ベジョータとピリ辛のチョリソーです。
ベジョータの肉自体の美味しさは赤ワインにこの上なく合うのです。

41.JPG

一日数量限定のパルミジャーノのリゾットです
濃厚なチーズとアルデンテな少々芯の残っているお米とが口の中で
踊っています。

42.JPG

身の大きいアサリが沢山入っているボンゴレビアンコのパスタです。
やはり外せないメニューでパスタの固さもバッチリです。

43.JPG

メインは国産和牛の厚切りステーキです。
表面に素早く焦げ目を付けて、中はレアで焼き上がった肉質はとても
柔らかくジューシーな逸品です。
ボーノ ボーノ!

44.JPG

大変満足の晩餐になりました。
お気に入りのお店で美味しいお酒と食事・・・何も言うこと無しの至福の
時間でした。

最後に食後酒を頂きながら、
ふと、このお店はなぜこんなに居心地が良いのだろうと考えました。
多くのお客様を引き付ける魅力はオーナーとスタッフの皆さんの
人柄にあるのでしょう。
どんなに忙しくてもいつもニコニコと笑顔を絶やさないスタッフが創る空間は、
居心地、酔い心地を最高にしてくれる素晴らしいお店なのです。
子供達がディズニーランドへ行ったような、大人がはしゃぎたくなる
「バール」です。

私はマルでグランデな元気をもらってます! グラシアス  グラッチェ (^^)v

投稿時間 : 09:55 個別ページ表示

2006年11月09日
 ■ 嘘ののような本当のお話  「みずすまし」

富沢建材が自信を持ってお奨めする商品のご案内です。

画期的な新製品をカドヤ工業(株)様が出してくれました。

モルタルを使う現場等で洗い水の処理にお困りではありませんか?
スゴイ水処理剤です。環境汚染を軽減します。

その名は 「みずすまし」 その物ズバリの商品名です。

200611092.JPG

200611091.JPG

セメント・無機系分離剤とエマルジョン系分離剤の2種類があります。
プラスチック容器に1堝りでモルタルバケツ一杯分の汚れ水では、
無機系で30〜40グラム、有機系で50〜100グラム
の量を簡単に振り出す事が出来る様になっています。

200611093.JPG

実験を見て下さい。
今回はアクリルエマルジョンを入れてみます。

200611094.JPG

かき混ぜて汚れ水状態にします。

200611095.JPG

そこへ 「みずすまし」 君を入れて再びかき混ぜます。

200611096.JPG

すると、どうですか樹脂の分離が始まりました!

200611097.JPG

そして、この通り完全に分離してこんなにキレイな水になりました!!

これなら特に店舗工事など汚れた水の処理に困る場合、沈殿物を残して上水を捨てる事が出来ますね。
モルタル・石膏・石灰の無機系、ジョリパット等の樹脂物など広く対応します。
是非お試し下さい。
詳しい事は弊社までお問い合わせ下さい。

投稿時間 : 15:57 個別ページ表示

2006年11月08日
 ■ 東京 もつ焼 ふたたびあの店

立石 「宇ち多」 へエネルギーを注入に行ってきました。
いつ行っても凄いんです!
それではふたたび、マニアックで レトロで 美味しくて 効く もつワールドへ・・・。

2006110320.JPG

京成立石駅のホームに降りると、何故か宇ち多に向けて早足になります。
その訳は?

2006110321.JPG

開店30分前の様子です。裏にも入り口があり同じような行列です。
毎日この状態だそうです。

2006110322.JPG

開店と同時に満席。 あぶれた時には悲惨です。
何とか収まった状態で店内は凄い活気で興奮します。

2006110323.JPG

まずは飲み物の注文です。ビールを頼んでチビチビやりながら、タイミングを見て
「煮込みお願いしまーす」と注文します。
来ました来ました、いただきます。
ここの煮込みは「もつ」のみです。時間をかけて良く煮込まれたお味は見た目よりさっぱりですが、
実に深いコクが口いっぱいに広がる逸品です。

2006110324.JPG

最初にナマシリーズで行きましよう。
タンナマです。
ここのナマはレバー以外は軽く湯通しして油抜きをしてあります。
うすい醤油タレがかかっていますが、お好みでお酢をかけて貰うことも出来ます。
その場合の注文の仕方は「タンナマオス」です。
写真で分かる様に、超新鮮な味わいはそのまま生きているんです。
宇ち多の技です。

2006110325.JPG

手前がもっちりしながらも軽く歯ごたえのあるハツナマで、奥がくにゅくにゅのテッポウです。
ハツナマの断面がキレイです。

2006110326.JPG

手前がレバナマです。レバだけは本ナマで切り口がとがってる新鮮そのもの。
奥はアブラナマです。アブラと言えども新鮮さゆえ驚くさっぱりテイストです。

2006110327.JPG

左は、歯ごたえが適度に弾力のあるコリコリ状態のガツナマです。
これまでのナマはすべてお酢で頂きました。

2006110328.JPG

表面張力目一杯の、焼酎の梅割です。
技あり 「超新鮮もつ」 に実に合うのです!
究極のバランスの良さは酔い心地と言い、後々悪酔い無しの状態と言い、
体が喜ぶコラボなのです。

2006110329.JPG

ここでさっぱりとおしんこです。「おしんこショウガのっけてお酢」でお願いしました。
ショキシャキの大根は最高です。

2006110330.JPG

チェイサーにキリンレモンを頂きます。これまた口の中がさっぱりして良い感じです。

2006110331.JPG

さあ、焼に入りましょう。
焼き方は、タレ、シオ、素焼き、ミソがあります。
アブラ少ないところ素焼きよく焼オスです。
素焼きは何も付けずに焼き、うすい醤油たれをかけたものです。
アブラがこんなにさっぱりと食べられるのです。

一串の大きさはキリンレモンのサイズと比べてみて下さい。
その大きさが分かって頂けますか?

2006110332.JPG

丁度好みの具合に焼き上がったシロタレよく焼です。
焦げ目が付くぐらいが美味しいんです。絶品!

2006110333.JPG

レバシオ若焼です。レバは新鮮さを味わえるレア状態が好きです。
これも絶品! レバタレ若焼もシビレます。

2006110334.JPG

早いうちに売り切れになるカシラを頼み忘れていました。
カシラタレ若焼です。
とってもジューシーな肉質で噛み締めるほど味が出る逸品です。

2006110335.JPG

そして最後の締めは煮込みに戻ります。
あぁ〜、幸せです。
これで明日から頑張れますね。
宇ち多は心と胃袋のパラダイス・・・と、友人が申しておりました。
あんちゃん、お会計してくらはい ウィ〜

ビール大瓶以外は一品、一皿、全部170円です。

2006110336.JPG

立石はすっかり紅葉してました(酔)

投稿時間 : 09:09 個別ページ表示

2006年11月06日
 ■ 左官さんの「手」

お陰様で第一回講習会もご好評を頂き終了する事が出来ました。

ありがとうございました。

ここでもう一度、準備でお世話になった左官さんの「手」をご紹介します。

200611061.JPG

この様に多くの皆さんの手を借りて講習用パネルの下塗りをして頂きました。

そこで問題です。
下の写真は誰の「手」でしょうか?

200611062.JPG

バンダナがトレードマークのカッコイイ方です。

200611063.JPG

いつも明るい平成会会長と特に仲良しな方です。

200611064.JPG

この中で一番若い、弊社でこの良い高級鏝を買って頂いた将来有望な男前の方です。

200611065.JPG

歌声が、何だ!?と思うほどハイトーンで透き通っていて、鏝を持ってもマイクを持っても一流な方です。

200611066.JPG

テレビに出てる雪駄の似合うあの方です。

さあ、お分かりでしょうか?
鏝をあやつる優しい手の表情は何とも言えません。
皆さん日本の左官を背負って立つ方々です。
正解の方にはお気に入りの手と握手出来るよう取り計らいます。

今回の企画で一番楽しんだのは私かもしれません。
指、手のひら、手首、そして腕、体全体で行う鏝さばきの素晴らしさを、
じっくり見学する事が出来ました。
鏝はいつもギュッと握っているのではなく、想像以上に柔らかく握っているのです。
左官さんの手って柔らかいものなんです。
だから優しい壁が塗れるんですね!

投稿時間 : 08:08 個別ページ表示