« 平成会 第20回定期総会 | メイン | 第32回 隅田川花火大会 »

2009年07月17日

 ■ 鈴木光 オゾン 室内環境ラボ ワークショップ

平成21年7月11日(土) 新宿オゾンに於いて、
鈴木光氏のワークショップが開催されました。 

2009071451.jpg

いつもの様に、オゾン内の我々にとってとても大事な情報発信基地 
「室内環境ラボ」 の広場で行われました。 

2009071452.jpg

テーマは「塗り壁の自主施工をお考えの方への、健康な住まいづくりセミナー」で、
「不安解消!塗り壁の工程、すべてを教えます!」 と題して素材と左官の良さを
実感して頂く企画です。

受付で各組に講習会解説書と、鏝、鏝板、チリ刷毛の左官道具が渡され、
12組(20数名)の参加が揃ったところで講習会の始まりです。

2009071453.jpg

講師は皆様良くご存じの全国で左官の講習会に引っ張りだこの鈴木光先生です。
1級建築士の資格を持ち、多数の執筆も手掛けながら、左官業を営む
スーパーマンなのです。
そして、左官業者・建築家に対するプロ向けの講習会から、
お施主様へ素材から工法に付いて分かり易く丁寧に手解きするワークショップまで、
幅広く塗り壁の良さを広める活動をされています。
今回配られた解説書も、鈴木先生手作りの素晴らしいものです。

2009071454.jpg

今回の講習で使われる材料は、
マリン ライム        村樫石灰工業
リターナブルパウダーA  螢汽瓮献泪魁璽櫂譟璽轡腑
北のやすらぎスマイル   日本システム
の、3品目です。

マリンライムは生石灰クリームで、リターナブルパウダーAと
北のやすらぎスマイルは、珪藻土配合の材料です。

2009071455.jpg

いつも最初に必ず行う左官の基本技で、鏝返しの説明です。
鈴木先生がカッコ良く簡単に鏝板から鏝表に材料を載せて見せますが、
これがなかなか難しいのですね。

2009071456.jpg

さあ、皆さん一斉に鏝返しの練習です。

2009071457.jpg

鈴木先生のご長男で亮佐氏も講師として参加され、
参加者に親身にアドバイスを行っていました。

2009071458.jpg

ひとしきり鏝返しの練習をこなした後は、
テープやシート類を使って塗付面の養生を行います。
そして一斉に塗付開始!

2009071459.jpg

上から塗付けて行きますが、

2009071460.jpg

皆さん最初はまだ動きがぎこちなく、
均一に塗り付ける事が難しそうです。

2009071461.jpg

そこで鈴木先生が一人々に鏝の持ち方、動かし方、材料の運び方を
丁寧に指導します。
すると熱心な皆さんは飲み込みが早く、見違えるように上達して行きます。

2009071462.jpg

大人には負けていられません。
ご家族でご参加の皆さんもチャレンジです。

2009071463.jpg

お嬢さん、なかなか凄いんです!
鏝と鏝板をしっかり握り、器用にほぼ全面を塗りきってしまいました。
真剣に取り組む姿は可愛くて思わず見入ってしまいます。

2009071464.jpg

皆さん下の段を塗る頃はすっかり鏝使いが上手になっていますね。
最初の頃とはまったく違ってきました。

2009071465.jpg

塗付が終わるとパターン作りに挑戦です。
講師から数パターンの仕上げ方の秘伝を伝授され、
早速、刷毛を使ってテクスチャーを付けます。
それぞれに自由な発想でこなして行きます。
こちらもしっかりと刷毛目を付けた目新しいたパターンが展開されています。

2009071466.jpg

おや、先程のお嬢さん何やら手を使ってイタズラ!?
いえいえ、立派に楽しいテクスチャーの製作中です。
(注意:漆喰はアルカリ性が強く手が荒れるので、なるべく手袋をした方が良いですね。
直に触ったら直ぐに良く手洗いをして下さい。)

2009071467.jpg

どうですか、この可愛らしい作品は!

2009071468.jpg

この様な形で左官材に触れてもらえることは、とても嬉しくありがたいことです。
実際にご家族でこの様にご自宅の壁を楽しみながら塗られる様子が目に浮かびます。
お子様方は自分で塗られた壁をずっと大事にされることでしょう。

2009071469.jpg

最後に、作品の前でポーズを取ってくれました。
素晴らしい思いがけない楽しい施工技に出会えたことに、
心からありがとうってお礼を申し上げました。

2009071470.jpg

講習会の終わりにあたり、鈴木先生より総評が行われ、
参加者の皆様が熱心に受講して頂いたことにお礼を述べられました。
そして、「自分で塗り壁に挑戦することは忍耐と体力が必要なことと、
最初は直ぐに塗る事を考えず、あせらずにひとつひとつの作業を確実にすること。
そうすれば必ず成功します」と、締めくくられました。

内容の充実したワークショップに参加者の皆様の納得した表情がとても印象的でした。
この様子だと皆さん間違いなく壁塗りをしていただけますね!
鈴木先生と左官の魅力にたっぷりと浸かることの出来たワークショップでした。

鈴木先生、ありがとうございました。
講師の皆様お疲れ様でした。
そして、オゾン 室内環境ラボ の皆様、いつもありがとうございます。
心から御礼申し上げます。


投稿者 Tomizawa : 2009年07月17日 16:17