« 蠱翕膩材 京都土処 | メイン | 日本漆喰協会  ビックサイトに春風 »

2009年02月28日

 ■ 一心居 京都 柚子雑炊

京都 八坂神社の門に向かって右隣に 「柚子屋旅館」 があります。
その中にある美味しいお食事処 「一心居」 で、
今日はお値打ちランチ 「柚子雑炊膳」 をいただきましょう。

2009022400.JPG

石積みの階段を登って玄関の中へ入れば、

2009022401.jpg

へっついと梅の花が・・・

2009022402.jpg

そして、柚子達が迎えてくれました。

2009022403.JPG

早速、お料理と参りましょう。

先ずはお通し、蕪の煮物です。
照りのある綺麗な仕上がりと実に上品な味付けで、いきなりはんなりさせられます。

2009022404.JPG

そして、綺麗な十五種類の 「おばんざい」 です。

2009022405.JPG

一品づつ説明がおこなわれます。
どれも手の込んだ物ばかりで、ご両人も黙って聞き入っておられます。

2009022406.JPG

「京野菜もいいですね。このようなお料理を食べていれば体に最高ですね」
などと言いながらビールをクィーっとイっちゃいます。

2009022407.JPG

さあ、お目当ての柚子雑炊です。
この世で間違いなく美味しさランキング上位に入る逸品です。
これを、お姉さんが優しくお茶会のような作法で調理してくれます。

2009022408.JPG

最初に、鍋の真ん中に鎮座する皮を剥いて軽く炊いた一個まるまるの柚子を、
上からギューっと潰します。
ウーン、柚子のいい香りが・・・。

2009022409.JPG

全員その仕草に注目!

2009022410.JPG

まだ固まっていない卵の黄身を一つづつ、お玉の頭で軽く叩くように潰していきます。

2009022411.JPG

崩れたその黄身をお玉で丸く回して広げます。
少し置いたら完成です。
ビューティフル! 結構なお手前で。

2009022412.JPG

それぞれに取り分けてもらい、

2009022413.JPG

いただきま〜す♪
柚子の香りが溢れ、半熟の卵と鯛の白身の上品な味、薬味のアクセントが効いて、
本当に美味しいんです。
しばし無言の柚子雑炊タイムです。

2009022414.JPG

柚子の香りを楽しみながら、春の到来を喜びます。

2009022415.JPG

デザートをいただきながら、今度はいつ京都に来られるだろうかと
嬉し楽し美味し過ぎての後遺症で、つい当ての無い先のことを考えてしまいます。

いつかは宿泊して、ここならではの柚子風呂にとっぷりと浸かってみたいな。
また来れるように、もっと頑張るぞという気にさせてくれる一心居でした。

一心居の皆様、心のこもったお持て成しをありがとうございました。

投稿者 Tomizawa : 2009年02月28日 16:04