« 土佐漆喰講習会準備 | メイン | 左官さんの「手」 »

2006年10月30日

 ■ 漆喰・土壁 技術講習会  第1回 土佐漆喰編

平成18年10月29日(日) 第1回 漆喰・土壁 技術講習会 開催 

ついに、その日が来ました。 天気予報は雨・・・。
でもこの日を待っていました。心は秋晴れです。

ところがなんと、石灰と土の神様がお天気にしてくれました!

2006102901.JPG

実は受付時間までドタバタ状態でしたが、何とか間に合いました。
開催までの準備には多くの方々にお手伝いを頂きました。
8月より講師の久保田様、有岡様、濱田様に的確なご指示を頂きながら、
東京都左官職組合連合会 平成会の皆様に何日も講習用の下地作りをして頂き、
前日28日には朝早くから夜まで、会場の設営に知恵と汗を振り絞って下さいました。
田中石灰工業様にもいろいろなアドバイスやご協賛を頂きました。
そして、弊社社員は講習会の成功に向けて、一丸となって頑張ってくれました。
ここまで来れたのは皆様のお陰です。ありがとうございました。

さあ、皆さんお見えになってます。土佐漆喰講習の始まり始まり!

☆注意 今回は写真が多いので覚悟して見て下さい。

2006102902.JPG

8時半より受け付け開始。明け方までの雨でまだ足下はびしょ濡れです。

2006102903.JPG

2006102904.JPG

平成会の皆さんにも受付をお手伝い頂きました。

2006102905.JPG

講習会が始まる直前です。
130名のご参加を頂きました。

2006102906.JPG

2006102907.JPG

2006102908.JPG

最初に高知県から来て頂いた講師の久保田様、有岡様、濱田様をご紹介させて頂きました。
久保田様は土佐漆喰伝統工法で、現代の名工を受けておられ、さらに建築学会文化賞、昨年は黄綬褒章も叙勲されております。
その卓越された技術は一番弟子の有岡様が確実に引き継いでおられます。
いつ見ても見事な鏝さばきは、全国の現場や講習会で人の心を魅了し続けています。
濱田様はアドバイザーとして全国を回り、漆喰の普及に大きく寄与されています。
その知識と経験は建材業界全体の大きな財産です。

土佐漆喰講習会を企画するにあたり、ご相談申し上げたところ快く講師をお引き受け頂きました。本当に夢の様なお話でした。

ご紹介の後、濱田様の材料についての説明がありました。
石灰石の性質から焼成方法、土佐漆喰製造工程、性質等、写真パネルを見ながら詳しく解説して頂きました。
引き続き、久保田様、有岡様の実技の講習に入り、本場高知の磨き、見切り立て、砂漆喰の工法をご指導頂きました。
時々理解出来ない土佐弁もありましたが、その迫力に皆様終始圧倒された様子でした。

2006102909.JPG

10時ごろから皆さん一斉に塗り付け開始です。
待ってましたとばかり活気溢れた会場に大変身!

2006102910.JPG

女性陣も笑顔で・・・いや、壁に向かうと真剣な表情に。

2006102911.JPG

皆さん楽んで頂き明るい講習会で、こちらも嬉しくなってしまいました。
この頃から明るい日差しが出て来ました。
この笑顔のお陰でしょうか。

2006102912.JPG

スタジオ・ジブリのフレスコ画作者、大野彩先生です。
先生、お見事な鏝さばきでしたよ!

2006102913.JPG

2006102914.JPG

いよいよ最終仕上げの段階で、磨きのノロ作りです。
1丱瓮奪轡紊離侫襯い暴磴佑蠅鮗茲蝓△罎垢襪世韻妊離蹐鰺遒箸靴泙后
鏝でしごこうとすると、すかさず土佐弁で「しごいたらいかん」と声が飛びます。
ワラが混じらないようにします。

2006102915.JPG

有岡さんです。
湿気を取るため新聞紙を貼り付け鏝で押さえます。

2006102916.JPG

鏝の動きを追っているうちに、気が付くとひかり始めました。感激!

2006102917.JPG

見切り立ての指導です。
見切り立てとは鎧仕上げの事で、水切りの仕様です。

2006102918.JPG

この様に定木を使って段を付けます。
際鏝を使って巧みな技で型どっていきます。

2006102919.JPG

平成会の細井様にタナクリーム(生石灰クリーム)の磨きの講習もお願いしました。
薄塗対応ではありますが、やはり下塗りをしっかりする事を強調して頂きました。

2006102920.JPG

裏方でお骨折り頂いた平成会の皆様です。
本当に大変でした。お気の毒に弊社の社員と思われ、こき使われた方もいたとか?

2006102921.JPG

ここでちょっと独り言。  この写真は、当日の午前3時ごろです。
下地の乾きが今一つだったので、ビールを飲みながら扇風機とドライヤーで乾かしていたのは・・・ナイショです。

2006102922.JPG

三木市から鏝鍛冶の五百蔵製作所様に来て頂きました。

2006102923.JPG

東京のこだわり鏝屋さん、金広様にも来て頂きました。

2006102924.JPG

素晴らしい鏝が並びました。
本日特別価格と言うことで沢山の皆様にご利用頂きました。

2006102925.JPG

その場で今使っている鏝も即調整! 具合を聞きながら微妙な所を直してくれます。
鏝も奥が深い凄い世界です。

2006102926.JPG

狭土秀平様も磨き鏝を手に取って、その出来映えに感心されていました。

2006102927.JPG

2006102928.JPG

榎本新吉様の居るところには人が集まります。
辛口のトークに皆さんシビレるのでしょう。

2006103134.JPG

漆喰押さえ鏝の作者、品川博様も来て下さいました。
なんと鏝で作った蟻の作品を頂戴しました。
大野先生もそれを見て感激されていました。
今にも動き出しそうな凄い作品です。弊社でご覧下さい。

2006102929.JPG

2006102930.JPG

狭土様とツーショット。
右のお嬢様は狭土様のテレビ、NHKのプロフェッショナルを見て左官になりたくなって、小松工業所様に見習いに入って頑張っているそうです。
この様にいろいろな方の出会いの場になった事は、とてもありがたい事です。

20061029031JPG

加藤信吾様と大野彩先生とご対面。
久保田様の笑顔は最高です。

2006102932.JPG

榎本様と左官教室編集長小林様が、アメリカから日本の建築を勉強に来ているエミリーさんに特別講習会? ご両人ニコニコでした。

2006102933.JPG

そして、無事終了。
お陰様でとても盛り上がった講習会でした。
片付けの時は、今やっていた事が嘘の様に静かな寂しい様な倉庫に変わりました。

久保田様、有岡様、濱田様、田中石灰工業様、平成会の皆様、本当にお世話になりました。
お陰様でどうにか開催出来、また無事に終了する事が出来ました。
これも、皆様のご協力が有ったからこそと感謝申しあげます。
今後も引き続きご指導頂きます様よろしくお願い致します。

そして、ご参加頂きました皆様、その熱心さに心を打たれました。
盛り上げて頂き誠にありがとうございました。
今回の講習が少しでも今後のお仕事にお役に立てれば幸いです。
また、企画しますので是非ご参加頂きますようお願いいたします。

弊社社員の皆様お疲れさまでした。
家族にも感謝です。

次の日の朝、榎本新吉様から電話を頂きました。
「良かったな!」 の一言・・・涙が出そうになりました。

追伸 ソムリエとして調子にのって 漆喰・土壁カフェ  検討中♥

投稿者 Tomizawa : 2006年10月30日 20:34