« 黒潮社 「左官教室」 のすすめ | メイン | 新刊案内 出ました!「世間遺産放浪記」 »

2007年05月23日

 ■ 「材料の出来映えは?」 講習会準備報告

5月20日(日) 今週末に迫った講習会の最後の準備が、
平成会の皆様にご協力を頂いて行われました。
ボランティアの皆さんを含め、準備の為日曜日を4回もつぶして
頂き感謝です。

今日は砂漆喰と中漆喰の材料の仕込みです。

2007052001.JPG

本日の段取りと講習会前日の設営、当日の行程など
綿密な打ち合わせをして頂きました。

2007052002.JPG

本日最初の作業は富士スサのナタ切りです。
短めにカットして長さを揃え必要の無い粉状の物や、
その他不純物を取り除きます。

2007052003.JPG

皆さんでひたすらナタを振り下ろす姿は異様な光景でした。
ジェイソンの世界?(怖)

2007052004.JPG

久住氏指定の大杉土です。
兵庫県氷上郡山南町の土で、このエリアは良い土が採れるんです。

2007052005.JPG

大杉土を30メッシュのフルイで通します。

2007052006.JPG

そして消石灰も30メッシュで真っ白になってフルイます。

2007052007.JPG

大曽根海藻工業の粉つのまた金印です。
天然角叉100%の良質な糊です。

2007052008.JPG

中漆喰の空合わせです。
大杉土・消石灰・粉つのまたを混ぜ合わせます。

2007052009.JPG

次に規定量の水を数回に分けて混入し丁寧に撹拌し、
程良い具合に練り込みます。

2007052010.JPG

そこへ、ナタ切りした富士スサをほぐしながら入れ
更にミキサーで練り込みます。

2007052012.JPG
2007052011.JPG

塩梅を見ます。
なかなかの出来映えのようです。

2007052014.JPG

では、本番前の予行練習・・・。
砂漆喰・中漆喰を中塗り鏝でしっか塗り付け押さえ込みます。
水分を充分取ってタイミングを見計らって黒ノロを塗り付けます。

2007052015.JPG

その後磨き鏝で磨きをかけます。
何度も何度も繰り返し押さえ磨き込みます。

2007052016.JPG

どうですか?
磨きの掛かった面に写る物が!

でも、まだ材料の完成まで今一つ??
講習日までに改良の余地有りでぎりぎりまで調整は続きそうです。
ご参加頂く皆様に是非とも良い体験をして頂く為に講習当日に向けて、
準備を進めております。

投稿者 Tomizawa : 2007年05月23日 07:43