家の造り様は夏をむねとすべし ―吉田兼好「徒然草」より  

   これは昔から、日本では開口の広い風通しのよい家が住み良いとされてきたことを表しています。冬の寒い時は囲炉裏や火鉢で暖をとり、着衣を重ねることで調節できます。しかし、夏の暑さを凌ぐのには手立てがなかったからです。
 木造建築が発達し、襖と縁側も大切な機能を持っていました。壁もそうです。湿気を吸い、人と同じように呼吸するのが日本の壁でした。だからこそ、日本の家は味わい深く、大切な財産だったのです。自然とともに生きる術を、日本の家は知っていたのです。
 
     
   土でできた壁は、無釉の陶器と似ています。朴訥としたてらいの無い自然なやわらかい色合い、表面は繊細でしっとり、滋味さえ感じます。その味わいを知った時、我が家にいることの喜びを感じ、自然を慈しむ心の大切さを知るでしょう。その風合いは、どんなに化学が進歩しても作り出すことはできないと思います。  
 
 
 
 
 
 
 
京錆土
 
本聚楽土
 
白土
 
稲荷山黄土
 
 
京都 中内建材店
 
京都 中内建材店
  京都 中内建材店  
京都 中内建材店
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
浅黄土
 
黄土
 
中塗土
 
深草砂利
 
 
京都 中内建材店
 
京都 中内建材店
 
京都 中内建材店
 
京都 中内建材店
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
中国弁柄
 
白土
 
黄土
 
木節粘土
 
 
 
小牧 丸林製土所
 
小牧 丸林製土所
 
小牧 丸林製土所
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
本庄山土
 
黒泥土
 
中塗土(ハンダ土)
 
中塗土
 
 
小牧 丸林製土所
 
小牧 丸林製土所
 
淡路
 
小牧 丸林製土所
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
あく抜きワラスサ
 
みじんスサ
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
上の色土は全て在庫品です。天然素材の為、写真と色合いが異なる場合があります。
詳しくは店頭にてご覧下さい。